シーシーエス(6669)の材料:「世界最小クラスの超小型検査用カメラを開発」を理由に前場、株価一時ストップ高

ニュース総合

シーシーエス(6669)の材料:「世界最小クラスの超小型検査用カメラを開発」

「世界最小クラスの超小型検査用カメラを開発」

直近の株価指標では
項目 概要
確認日時 2014年12月03日 12時17分
時価総額 7,088百万円
予想PER 16.13倍
実績PBR 3.35倍

とあり、指標面から見ると割安感を少し感じる

直近の業績では

⇒シーシーエス(6669)の【業績概要】四半期別 前年同期比

四半 予想 売上 営益 経益 終益
2015年7月期
1Q
2Q
3Q
4Q 予想 116% 115% 122% 110%

とあり、上記を見ると順調に業績が拡大しており期待が持てる

ポジティブ意見としては

【超小型の検査用カメラを開発】
・日経産業新聞が3日付で報じた
・カメラの直径は11ミリメートル
・世界最小クラス
・業績への寄与に期待

【意見】
CCSは次の四季報いい
CCSは四季報来期予想EPSが86.9→135.3
明日あたりハメコミ新聞が材料解説してくれそう

ネガティブ意見としては

CCS後場寄りGD怖い
CCSカメラメーカー等と共同で開発
CCSお前らしかいない…

※未確認情報
11ミリのカメラを作ったのは、共同開発した非上場の小企業

やはりここは…

さすがにこの材料で株価急騰を狙うのは厳しいと思いつつも、慎重に監視しておきたい

コメント