駐車場綜合研究所(3251):東京オリンピックなどで駐車場及び駐輪場の拡大が期待か?

ニュース総合

駐車場綜合研究所(3251):東京オリンピックなどで駐車場及び駐輪場の拡大が期待か?

直近の株価指標では
項目 概要
確認日時 2015年04月18日 19時25分
時価総額 1,974百万円
予想PER 17.13倍
実績PBR 1.93倍

直近の業績では

⇒駐車場綜合研究所(3251)の【業績概要】四半期別 前年同期比

四半 予想 売上 営益 経益 終益
2015年3月期
1Q 実績 116% 赤字転落 赤字転落 赤字転落
2Q 実績 118% 59% 62% 64%
3Q 実績 118% 89% 91% 92%
4Q 予想 108% 92% 98% 114%

概要

2015/02/10
[ 適時開示 ] 平成27年3月期 第3四半期決算短信〔日本基準〕(連結)
http://www.pmo.co.jp/ir/download/data/pmo_20150210_tr.pdf

■経営成績に関する説明
2020年東京オリンピック開催を睨んだ再開発が進むことが予想
┗交通インフラの整備を目的とした開発事案の増加
—-中国における駐車場業界
┣自動車問題が深刻化
┗駐車場に関する意識が向上

セグメントの業績

■駐車場管理運営事業
売上高:4,830,325千円(前年同四半期比17.5%増)

■コンサルティング事業
売上高:44,012千円(前年同四半期比58.5%増)

新規事業

2014/11/17
[ 適時開示 ] 平成27年3月期第2四半期 決算説明会資料
http://www.pmo.co.jp/ir/download/data/pmo_20141117_tr.pdf

H26年9月現在 複数の特許 出願中
┣駐車場予約システム TaGMON parking
┗車番認識システム PMOパーキングアナライザー

駐輪場事業
┗H26年3月~千代田区内10箇所で管理スタート

■放置自転車対策事業
┗東京・神奈川・埼玉において実施

ざっとみた感想としては

決算:売上は上方修正含み
利益:微妙
中国展開:やばいリスクにしか見えない
オリンピック:期待
新規事業:よく分からない
今後の業績:微妙だけど、期待出来るような感じはする