決算発表の内容が炭酸漏れか?ディー・ディー・エス (3782)が大幅反発。前日値を取り戻す形に

本日終値と前営業日終値
2/18 +1,120
2/15 -1,120

ほぼ取り戻す形になりました。連12.12予の決算発表が2/19日

ディー・ディー・エス (3782) IRデータライブラリー
http://www.dds.co.jp/ir/library.html

上記より主な流れは、
2010/12/10
第三者割当増資に関する反社会的勢力とのつながりの調査結果に関するお知らせ
2011/01/17
主要株主の異動に関するお知らせ
2011/03/01
訴訟の提起について
2011/03/31
債務超過解消による猶予期間の解除のお知らせ(債務超過解消
2011/03/31
財務報告に係る内部統制の重要な欠陥に関するお知らせ
2012/03/30
財務報告に係る内部統制の重要な欠陥に関するお知らせ (2年連続 内部統制に欠陥あり
2012/09/12
有価証券届出書の取下げに関するお知らせ
2012/10/16
テクノロジー企業ランキングプログラム 第10回「日本テクノロジー Fast50」で47位を受賞 (101KB)
2012/11/16
資金借入のお知らせ
2012/11/19
米国バリディティセンサーズ社の株式取得に関するお知らせ
2013/02/06
米国特許取得に関するお知らせ
2013/02/14
営業外損益及び特別損益の発生並びに業績予想の修正に関するお知らせ
2013/2/19
決算発表 ←NEW(これ次第)

実は、上記の流れで気になったのが、「2012/11/16」の「資金借入先」です。
Cybertouch Tech Co.,Ltd

なにこの会社・・・
色々調べたのが、香港の会社ってことしか出てきませんでした。ということは、中国資本?非常に危ういにおいがしますね。
それに、ここの代表取締役の三吉野健滋さんですが、証券(旧 和光証券)上がりなんですね。

技術者上がりではない点が非常に引っかかりました。

ちょっと継続企業の前提に疑義あります。
※個人的な見解ですが、中国資本の会社は危ないと思っています。ようするに日本の銀行が相手にしない会社ってことですね。

なので、19日の決算で損斬り覚悟してます。

コメント