大化けが期待される新興バイオ関連銘柄(2015/05/24)

ニュース総合

4565 そーせいグループ

材料

シーウル米早期承認
今期の売上予測でHeptaresの売上が貢献

コメント

大きく期待される部分は、「Heptares」の売上(70億円程度?)になるかと思います。シーブリやウルティブロの売上は、導出先の決算からある程度推測がつくので折込済みの部分が多い。そのためある程度のギャンブルになるが、ここの社長さんなら高いハードルも乗り越えてしまうのではないか?という期待がある。

4585 UMNファーマ

材料

インフルエンザワクチン
ノロワクチン

コメント

インフルエンザワクチンの承認や、ノロワクチンの開発など期待される材料は大きい。特にアステラスとのインフルワクチン(ASP7374)は、申請は終了して承認待ちなので、かなり高い確度で売上に貢献すると期待。ノロウイルスに関しては、まだフェーズⅠに入ってもいないので当分先。ある程度期待は織り込まれているものの個人の人気は高い

4564 オンコセラピー・サイエンス

材料

癌ワクチン
ガン治療薬(OTS964)

コメント

塩野義製薬のフェースⅢ患者登録のマイルストーンが計上されたことよりより期待度が高まった状態。ただし、現時点では短期的に売上に大きく貢献するものはまだなく期待度たけの状態。またOTS964が試薬として販売されているなど、今後の動向に注目

4584 ジーンテクノサイエンス

材料

バイオシミラー

コメント

「2015-2020年にかけて多くのバイオ医薬品が次々と特許満了を迎え、潜在的バイオシミラー市場が急速に拡大」という背景を元に期待度が高い。また今期予想も10億円超と急速に売上が拡大。利益面では研究開発を優先のためあまり期待はできない。ジェネリック医薬品などのテーマ性も内包。ダルベポエチンやアダリムマブなどのPLに期待

4586 メドレックス

材料

リドカインテープ剤
消炎鎮痛貼付剤ETOREAT

コメント

ETOREAT(痛み止めのテープ剤)の市場規模がアメリカだけで1200億円。潜在的には3600億円~4800億円あるとの書込みがあるなど期待度は高い。ETOREATがアメリカで上市されれば2000億円は売れるなどの期待も。また「米国子会社設立手続並びに出資完了」(2015/04/21)など、会社側の動きに変化も