アテクト(4241)のPIM事業について、IRに質問してみた

ニュース総合

アテクト(4241):PIM(Powder Injection Molding)技術

TS16949認証の進捗について
http://www.atect.co.jp/pdf/150508TS16949.pdf

(1)PIM事業の営業利益率はかなり高い

2015年3月期決算説明資料
http://www.atect.co.jp/ir/IRdata/pdf/150512_setsumei.pdf

上記の資料を見ると分かるんですが、PIM事業の売上高1億円で営業利益が3千万
普通は、立ち上げ途中の事業で黒字になってることはまずないです。大体赤字です。それが黒字化してるということは、PIM事業の利益率が相当いいんじゃないかなと思い質問

PIM事業の販売内容

■材料販売(バインダー&フィードストック)
→非常に高い利益率

■部品販売(焼結まで完了)
→大きな売り上げ金額を見込む

上記を総合して、20%を大きく超える利益率を確保できる見通しとの事なので、PIM事業単体の業績を推測してみるとこうなります。

項目 売上(目視) 想定利益
2016年度 1.7億円 0.34億円
2017年度 5億円 1億円
2018年度 10億円 2億円
2019年度 18億円 3.6億円
2020年度 30億円 6億円

売上は、決算説明資料のP16のグラフから目でみて推測
想定利益は、少なくとも20%を超えるとのことですので、20%で計算

今期中(2016年3月期中)に販売が具体化する製品はあるのか?

内燃機関部品については、今期中(2016年3月期中)に販売が具体化する予定

燃料電池セパレーターについて

アテクト(株) 燃料電池セパレーターの小型・薄型化を実現(従来の1/5)
https://www.techplaza.city.higashiosaka.osaka.jp/news/news_detail.php?id=1295

こちらは、ターボチャージャー・ローター、内燃 機関を優先しているため後回し。
やや長期的な開発テーマとなっているとの事

具体的な製品開発を要請している会社は?

複数の自動車メーカー、及び自動車部品メーカーから要請がある。

直接、自動車メーカーから要請なら「ティア1」になるのか?

これは、アテクトが下記の求人を募集していたからした質問です。

自動車部品のTier 1メーカーにて下記の経験を有する方、もしくは同等と判断できる経験を有する方。
https://tenshoku-kyujin.jp/jobinfo-8117959

直接自動車メーカーとの取引となるか、部品メーカーを経由するかの商流については、現時点では未定

まとめ

急騰すると、何故かいつもすぐその後に持分を減らしてくる、某外資がいるので、すぐにどうこうはなさそうです。大きく動くとしたら、量産化・工場建設・自動車メーカーへの納入開始の開示が出た辺りになりそうです。

それか、来期に業績がついてきたあたりかなと