アテクト(4241):増収増益とPIM事業(自動車部品)に進捗有

ニュース総合

アテクト(4241):増収増益とPIM事業(自動車部品)に進捗有

直近の株価指標では
項目 概要
確認日時 2015年08月08日 11時52分
時価総額 4,674百万円
予想PER 21.48倍
実績PBR 3.39倍

直近の業績では

⇒アテクト(4241)の【業績概要】四半期別 前年同期比

四半 予想 売上 営益 経益 終益
2016年3月期
1Q 実績 107% 145% 140% 222%
2Q
3Q
4Q 予想 116% 155% 116% 168%

業績について

ざっと見て増収増益で一安心というところです。決算前に過大に期待してた人は、多分投げ売ったかとは思いますが、それはそれで仕方の無いことかなと。主要3事業の全てが増収増益だったのでは私も少し驚きました。悪くないですね。

(どーせ、ク○決算だろうな・・・なんて思ってたなんて言えない)

PIM事業について

2016年3月期第1四半期決算説明資料
http://www.atect.co.jp/ir/IRdata/pdf/150807_1qsetsumei.pdf

①カメラ用パーツ:数アイテム量産開始
②国内大手自動車メーカー向けターボ関連部品試作金型受注

決算説明資料からの注目は上記の二点になります。

①については量産開始してるので売上に反映されるため今後の数字に反映されていくと思います。

②については、やっとPIM事業の自動車部品関連で具体的な材料が出てきたな・・・というところです。特にターボチャージャー(過給器)エンジンを搭載する流れが各社に顕著に見られるため、テーマ性を内包してると思います。

参考:レクサス「IS」に排気量2リットルターボ車を追加 トヨタ
2015/7/31 12:01
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFL28H71_R30C15A7000000/

財務の安定性について

現金及び預金:1,241百万円
1年内返済予定の長期借入金:596百万円
長期借入金:1,279百万円

■営業CF 過去3年
27年3月期:303百万円(黒字)
26年3月期:531百万円(黒字)
25年3月期:449百万円(黒字)

上記より、当面は倒産の心配は無いかと思います。

需給面(大株主の動向)について

氏名又は名称 平成26年9月30日 平成27年3月31日
小髙 得央 45.15% 45.15%
佐藤 弘之 4.3% 4.33%
資産管理サービス信託銀行株式会社(証券投資信託口) 3.67% 4.15%
日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口) 3.08% 3.39%
東ヶ崎 尚美 2.74% 2.72%
日本証券金融株式会社 1.63% 2.5%
株式会社SBI証券 1.1% 2.29%
野村證券株式会社 1.03%
早川 満 0.97% 1.21%
NORTHERN 1.05%
古舘 道子 0.86% 0.86%
64.53% 67.7%

上を見ると分かるんですが、何故か機関が少しずつ買い増しをしています。ただ、どっかの外資が急騰する度に売ってくるので上値は重いですね。

以上より、まとめると

基本的には、板がスカスカで浮動株も少なく不人気な銘柄なので、短期の人には厳しいと思います。