nms(2162):中国の契約労働者3倍の背景にある「労働派遣暫定規定」とは

ニュース総合

nms(2162):一時、株価が上場来高値を超える

日本マニュファクチャリング、中国の契約労働者3倍
2015/8/18 3:30
http://www.nikkei.com/markets/company/news/news.aspx?scode=2162&type=2&g=DGKKZO9063738017082015FFE000
従来は労働者派遣が主力だったが、生産工程を一括受託する製造請負事業に軸足を移すため

実はこれ結構大きな市場の流れの一貫でした。というか中国の労働市場においての国策の流れの一環でしたね。

背景にある中国の「労働派遣暫定規定」とは

中国進出インタビュー
2014年12月01日
http://www.tomin-bc.com.cn/topics/china/594.html

■中国の「労働派遣暫定規定」 概要
派遣社員の割合が全従業員の10%を超えてはいけない

■猶予期間
┗施行後2年間の猶予期間(2014年3月制定の2016年3月には施行)

■日本企業への影響
┣中国へ進出している日本企業は、頭を悩ませる問題の一つ
┗中国で派遣会社を活用してきた企業には大きなインパクト

nms(2162)はどう関係してるのか?

中国当局が検討しているのが「製造請負」

②中国当局が「製造請負」に興味を持っている主な理由
請負では、労働者のスキルアップが望める、教育システムが充実している、また生産効率の向上につながる

③現在中国当局では法令・ガイドライン検討委員会を組成

この検討委員会に「nms(2162)」が日系で唯一参加

では、nms(2162)の事業の進捗度は?

①無錫市や深センで既に製造請負契約をスタート
②上海でも数社と事業をスタートする方向
③中国の契約労働者3倍(日経報道)←今ここ

まとめ

・業績はかなり良い
・国内市場も追い風
・中国に進出してる日本企業の製造業は派遣から請負への転換を迫られる
・中国の「労働派遣暫定規定」検討委員会に日系で唯一参加