トランスジェニック(2342):子宮頸がんの早期発見を目的とする自己採取HPV(ヒトパピローマウィルス)併用検査を材料に株価ストップ高

ニュース総合

トランスジェニック(2342):子宮頸がんの早期発見の検査を材料に株価ストップ高

直近の株価指標では
項目 概要
確認日時 2015年09月29日 19時03分
時価総額 10,133百万円
予想PER 564.34倍
実績PBR 3.76倍

直近の業績では

⇒トランスジェニック(2342)の【業績概要】四半期別 前年同期比

四半 予想 売上 営益 経益 終益
2016年3月期
1Q 実績 110% 赤字拡大 赤字縮小 赤字縮小
2Q
3Q
4Q 予想 109% 173% 388% 105%

トランスジェニック(2342):自己採取HPV(ヒトパピローマウィルス)併用検査を材料

2015年9月29日
株式会社トランスジェニック
当社グループ会社(株)ジェネティックラボにおける
自己採取HPV(ヒトパピローマウィルス)併用検査開始のお知らせ
http://www.transgenic.co.jp/pressrelease/2015/09/post_215.php

子宮頸がんについて

発症のピークは40~50 歳代
最近では20~30歳代で発症する方が急増

現在は細胞診という検査方法ですが、これのみの場合は異常発見率は70~80%。しかし、「HPV併用検査」を行うことで、発見率がほぼ100%にまで上昇

HPV検査とは

ハイリスク型HPV感染の有無を遺伝子レベルで見つけ出す検査

全く新しいものなの?

ジェネティックラボでは、この併用検査を既に実施している。
ですが、受診者自身が採取(自己採取)した細胞でHPV併用検査を開始するところが新しい(らしい)

材料的には

非常に良いものの様に見えますが、前回も材料が出た後に全戻ししました。そういうのを見てしまうと、トランスジェニック(2342)には「なんだかよく分からない魔物が住んでいる」ような気がしてなりません。

様子見ですね。

補足:前回は、ストップ高まで上げるも全戻し

トランスジェニック(2342):材料出たのに全戻し。「タンパク質高発現系技術」とは何だったのか?
http://news830.com/archives/12632