DNAチップ研究所(2397):株価ストップ高の理由は「間葉系幹細胞の再生医療実用化に貢献」だよ

ニュース総合

DNAチップ研究所(2397):間葉系幹細胞の再生医療実用化

直近の株価指標では
項目 概要
確認日時 2015年10月08日 19時35分
時価総額 3,144百万円
予想PER
実績PBR 4.57倍

直近の業績では

⇒DNAチップ研究所(2397)の【業績概要】四半期別 前年同期比

四半 予想 売上 営益 経益 終益
2016年3月期
1Q 実績 122% 赤字縮小 赤字縮小 赤字拡大
2Q
3Q
4Q 予想 123% 赤字縮小 赤字縮小 赤字縮小

間葉系幹細胞の再生医療実用化に貢献 関連銘柄

2015年10月8日
プレスリリース
(株)DNAチップ研究所、ゼノアックリソース(株)、大陽日酸(株)各社が、再生医療関連製品を開発―間葉系幹細胞の再生医療実用化に貢献―
http://www.amed.go.jp/news/release_20151008.html

■関連している上場企業
┣株式会社DNAチップ研究所
┗大陽日酸株式会社

■間葉系幹細胞を対象に以下の研究
┣分離・精製技術
┣培養技術
┣保存・管理技術
┣幹細胞評価技術及
┗前臨床研究

■DNAチップ研究所の担当
┗間葉系幹細胞のアレイCGHによる品質評価

DNAチップ研究所(2397)からの開示

再生医療研究分野に向けたアレイ CGH による間葉系幹細胞の
品質評価解析サービス開始
~C3 チェックサービス-aCGH for Cultured Cells Check Service-~
https://www.dna-chip.co.jp/company/pdf/press93.pdf

雑感

あんまり業績に寄与はしない匂い