調剤薬局関連銘柄と言えば、やっぱり日本調剤(3341)のギリギリと毎夜歯軋りをする苦い思い出

ニュース総合

調剤薬局関連銘柄と言えば、やっぱり日本調剤(3341)

直近の株価指標では
項目 概要
確認日時 2015年10月11日 18時54分
時価総額 73,470百万円
予想PER 17.94倍
実績PBR 3.44倍

直近の業績では

⇒日本調剤(3341)の【業績概要】四半期別 前年同期比

四半 予想 売上 営益 経益 終益
2016年3月期
1Q 実績 113% 233% 250% 416%
2Q
3Q
4Q 予想 114% 123% 123% 128%

今でも毎夜歯軋りをする苦い思い出(悪夢)

「2015年3月1日」に記事を書いた時にいいなと思った

日本調剤(3341):「平成27年3月期3Q決算短信」覚書き

・実際にセグメントの営業利益は2倍超になっている事から考えてもかなり好調
・「ジェネリック医薬品」関連銘柄として物色される可能性

しかし、私は乗れませんでした。そんな私を尻目に株価はぐいぐいあがり

2015年3月2日:@2,337.5円(調整後終値)
2015年10月9日:@4,585.0円(調整後終値)

半年で株価は、1.96倍に!

ちなみに日経平均株価は
2015年3月2日:@18,826.88円
2015年10月9日:@18,438.67円

ほぼ半年前の水準に戻った日経平均さんとは格が違いますね。

明らかにパフォーマンスがいいです。いいなと思いながらも結局乗れなかった原因は、単なる実力不足なんですが、言い訳をするならば、「2014年の保険点数改定」が頭にこびりついていたというのもあります。

調剤バブルに批判の声 2015年7月23日

「調剤バブル」、医薬分業への批判相次ぐ
閣議決定受け、調剤報酬の抜本的見直しに着手
2015年7月23日 橋本佳子(m3.com編集長)
https://www.m3.com/open/iryoIshin/article/342320/

2015年末までに薬価制度改革

http://www.jpma.or.jp/about/jpma_info/plan/plan00.html
特に毎年約1兆円近い自然増が続いている医療の分野においては、中央社会保険医療協議会において、2014年の厳しい薬価制度改革に引き続き、2015年末までに次期(2016年4月)薬価制度改革が取りまとめられる予定である。

少なくとも今年末に薬価制度改革があり、確かにそれが大きく影響するのはわかります。しかし、「ほんとにネガティブなのか!?どうなの?ねぇ、どうなの?」と思いつつ「結局分からないまま、売りも買いも出来ずに」後から「やっぱり○○しておけばよかった」という後悔をする自分の姿が見えるので、とりあえず思い立った日が吉日と思い記録に残しておく今日この頃