グリーンペプタイド(4594):癌ペプチドワクチン関連銘柄。「GRN-1201」(米国)で数百億円規模の契約が出来るかもしれないらしい

ニュース総合

グリーンペプタイド(4594):GRN-1201の米国治験(IND)を10月5日に申請済

最近ずっと気になってる「グリーンペプタイド」。やけに底値が堅いのもありますが・・・やっぱり「がんワクチンでフェーズⅢ」という点でしょう。これが意味するところは結構大きくてどうしても監視対象から外せない今日この頃です。というわけで調査を継続していたらこんなものを見つけてしまいました。

テーラーメード型癌ワクチンを開発のグリーンペプタイド!

ペプチドワクチンは実用化可能なのか。グリーンペプタイドの挑戦【日経バイオテクONLINE Vol.2324】
2015年10月2日 18:00
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20151002/187742/

富士フイルムとの契約内容について

■マイルストーン
フェーズIII終了時点:1億円
承認申請時点:8億円
承認取得時点:11億円
ロイヤルティー:5%

ロイヤリティーは普通ですが、契約金が意外に安いなって思いつつ読み進めると・・・

「2011年に富士フイルムと契約した当時は、免疫を標的とする抗癌剤はまだ注目されていなかった。そのため、この金額になっている。しかし、最近は数百億円から1000億円を超える規模の契約を締結した癌ワクチンが出てきている。間もなく米国で臨床試験を開始する予定のGRN-1201は、この規模の契約が期待できる

こんな事が書いてありました。

「数百億円から1000億円を超える規模の契約」

(´・ωゞ)ゴシゴシ

え?

「間もなく米国で臨床試験を開始する予定のGRN-1201は、この規模の契約が期待」

き・・・期待だし・・・(震え声)
どうせ、お・・・折込済みだし・・・(震え声)

また裏切るんでしょ?って思いつつも、す・・・数百億円(震え声)

思えば、最初はこんな事をいってましたね

グリーンペプタイド(4594):上場(IPO)初日から強固な底堅さを発揮。公募価格は450円

そういえばこんな記事も書きました

グリーンペプタイド(4594):承認されれば国産初の前立腺がんワクチンとなる「ITK-1」に期待する向きも

そして今!(´・ω・`)キリッ

す・・・数百億円(震え声)

冗談はさておきまして、問題は2つあります。

1.「間もなく」とはいつなのか?
2.「期待」とは、どれくらい期待できるのか?

オンコセラピー・サイエンスも何回か失敗しています。最近は方向性を変えて癌ペプチドワクチンじゃない方に進んでますね。分子標的治療だったかな。グリーンペプタイドの値動きを見てる限りでは、売りたい人がいっぱいですが「米国で臨床試験を開始する予定のGRN-1201」次第では大きく変化する可能性があります。

参考:がんペプチドワクチンGRN-1201の米国治験(IND)申請

グローバル向けがんペプチドワクチンGRN-1201の米国治験(IND)申請に関するお知らせ
2015/10/06
http://www.green-peptide.com/news/2015/20151006.html

グリーンペプタイド(4594) 過去記事