ファーストブラザーズ(3454):H28年1Qの投資運用事業は営業損失を懸念して株価急落

ファーストブラザーズ(3454):前期に計上したインセンティブフィー部分が今期は剥落

直近の株価指標では
項目 概要
確認日時 2016年04月12日 06時41分
時価総額 8,876百万円
予想PER 5.24倍
実績PBR 1.10倍

直近の業績では

⇒ファーストブラザーズ(3454)の【業績概要】四半期別 前年同期比

四半 予想 売上 営益 経益 終益
2016年11月期
1Q 実績 96% 24% 23% 23%
2Q 予想
3Q
4Q 予想 273% 107% 104% 101%

ファーストブラザーズ(3454):多額のインセンティブフィーが当第1四半期には計上されず

ファーストブラザーズ㈱ (3454)
平成28年11月期 第1四半期決算短信
http://v4.eir-parts.net/v4Contents/View.aspx?template=ir_material&sid=51349&code=3454

■投資運用事業
既存の投資案件に係るアセットマネジメントフィー及び投資案件の売却に伴うディスポジションフィーの計上等
投資案件の売却に伴う多額のインセンティブフィーが当第1四半期にはなかった

売上高:74,348千円(前年同四半期比95.5%減
営業損失:5,650千円(前年同四半期は営業利益1,526,671千円)

■投資銀行事業
売上高:1,843,968千円(前年同四半期比499.1%増
営業利益:541,697千円(前年同四半期比174.4%増

「投資運用事業」は悪化しているものの「投資銀行事業」は大幅に良化しているが、減収減益を懸念されたというところか?

ファーストブラザーズ(3454):株価チャート

ファーストブラザーズ(3454)

コメント