千代田インテグレ(6915):日本国内でも「OA機器・自動車向けの売上が減少」など先行き懸念で株価急落

千代田インテグレ(6915):中国はスマートフォン向けをはじめ各分野とも軟調化

直近の株価指標では
項目 概要
確認日時 2016年04月17日 09時29分
時価総額 32,765百万円
予想PER -倍
実績PBR 0.94倍

直近の業績では

⇒千代田インテグレ(6915)の【業績概要】四半期別 前年同期比

四半 予想 売上 営益 経益 終益
2016年12月期
1Q 実績 135% 129% 94% 99%
2Q 実績 90% 68% 50% 53%
3Q
4Q 予想 120% 100% 81% 85%
千代田インテグレ(6915):成28年12月期2Q決算

平成28年12月期 第2四半期決算短信〔日本基準〕(連結
http://www.chiyoda-i.co.jp/wp/wp-content/files_mf/2016042qtanshin42.pdf

新興国経済の減速に伴う景気への下押し圧力
内需の堅調さ・雇用環境の改善
中国 政府による財政・金融政策が経済を下支えす
中国リスクへの警戒感や新興国経済の減速

日本

OA機器・自動車向けの売上が減少

東南アジア

全体として底堅く推移

中国

経済成長が減速する中、スマートフォン向けをはじめ各分野とも軟調化

千代田インテグレ(6915):株価チャート

千代田インテグレ(6915)

コメント