トランスジェニック(2342):GANP蛋白質の機能に関する論文がざら場に出るもあまり反応無し

トランスジェニック(2342):診断薬シーズの開発で健闘

直近の株価指標では
項目 概要
確認日時 2016年04月18日 12時04分
時価総額 10,699百万円
予想PER 591.47倍
実績PBR 3.92倍

直近の業績では

⇒トランスジェニック(2342)の【業績概要】四半期別 前年同期比

四半 予想 売上 営益 経益 終益
2016年3月期
1Q 実績 110% 赤字拡大 赤字縮小 赤字縮小
2Q 実績 104% 赤字拡大 赤字拡大 赤字縮小
3Q 実績 115% 赤字拡大 赤字拡大 赤字縮小
4Q 予想 109% 173% 388% 105%

トランスジェニック(2342):アボット等海外メガファーマの診断薬の実用化を頑張る

GANP蛋白質の機能に関する論文が『Advances in Immunology』に掲載されました。
http://www.transgenic.co.jp//society/2016/04/ganpadvances-in-immunology.php

大阪大学免疫学フロンティア研究センター特任教授 阪口薫雄特任教授
GANP蛋白質の機能
診断薬シーズの開発
アボット等海外メガファーマ
診断薬の実用化を図る

トランスジェニック(2342):株価チャート

トランスジェニック(2342)

コメント