インスペック(6656):日本で最初にバーチャルスライド病理検査を開発した会社から事業譲受

インスペック(6656):バーチャルスライド関連銘柄

2016年06月30日
当社子会社による事業譲受に関するお知らせ
http://v4.eir-parts.net/v4Contents/View.aspx?cat=tdnet&sid=1378767

バーチャルスライド事業譲受けの理由

バーチャルスライドとは

病理検査のデジタル化の基本ツール
デジタルデータ化して複数の病理専門医による検査
遠隔地での検査を可能

非常に有望な事業であると判断

国内は、病理専門医の不足が深刻な問題
→現在その解消に向けて国が動いているところ

フィリップス、長崎大と「遠隔病理レポートシステム」を8月実証開始
(2016年6月16日 ヘルスケア)
https://www.nikkan.co.jp/articles/view/00389061
同システムは病理のガラス標本を専用スキャナーで読み取りデジタル化して、保管、観察する。

病理検査のデジタル化を進めることでその課題の解決を図って行かざるを得ない
→バーチャルスライド必須

中国を始めアジア諸国においては国内以上に病理専門医が不足
→バーチャルスライド必須

日本に続いて病理検査のデジタル化が急速に広がりつつある
→つまり成長市場

米国やヨーロッパの先進国
→すでに病理検査のデジタル化は拡大期に入っている

以上よりバーチャルスライド事業は
→世界市場において極めて有望な事業分野であると判断

弘前大学にバーチャルスライドシステムの導入実績が既にある

-パソコン世代の病理実習-
国立大学法人 弘前大学大学院保健学研究科保健学専攻
http://www.claro-inc.jp/product/results/results3

直近の業績では

⇒インスペック(6656)の【業績概要】四半期別 前年同期比

四半 予想 売上 営益 経益 終益
2017年4月期
1Q
2Q 予想 188% 赤字縮小 赤字縮小 赤字縮小
3Q
4Q 予想 142% 黒字転換 黒字転換 黒字転換

インスペック(6656):株価チャート

インスペック(6656)630

コメント