スガイ化学工業(4120):開発した「デカリン誘導体」の有機EL材料用途での使用の期待について

スガイ化学工業(4120):有機EL関連銘柄

そもそもスガイ化学が有機EL関連銘柄として注目されたきっかけは代表さんの挨拶の中で「有機ELやヘルスケア関連など新しい有機材料の開発にも取り組んでいます」この一文があったからですね。つまり現在「有機EL材料の開発」に取り組んでいる事が分かります。

代表ご挨拶
http://www.sugai-chem.co.jp/company/c_01.html

そこで色々探してみたら、下記の記載を見つけました。キーテクノロジーのページにデカリン誘導体がありまして、「開発しました」と「光学電子用途での使用が期待」の二つの文言があります。光学電子用≒有機ELと考えるならば、上記の社長挨拶において「有機EL材料の開発」はデカリン誘導体という事と考えて大きくは間違っていないと思います。

スガイ化学工業(4120):キーテクノロジー
独自の有機合成技術を結集し、最適なプロセスを提案
http://www.sugai-chem.co.jp/technical/t_01.html
スガイ化学デカリン誘導体

念のため「デカリン誘導体」の「アクリレー ト」「メタクリレート」「グリシジルエーテル」を調べてみたところ、有機ELの封止・充填材料として利用されているようです。さらにキーテクノロジーの「Original Products」に列挙されている製品を見てみると

デカリン誘導体 → 開発・使用が期待
テトラロン → 種々の引き合い
カリックスアレーン → 取り揃えています

デカリン誘導体は開発してこれからの製品である事が伺えます。
※ちなみにですが「デカリン誘導体」が「燃料電池用の水素貯蔵材料」としての用途もあるようですが、キーテクノロジーの期待にそれは書いてないので、現時点では会社側としてあまり考えていないように思えます。

以上から考えると、スガイ化学の有機EL関連銘柄としての期待は、「頑張ります」というよりも既に製品が出来ていてこれから拡大していく可能性があるのではないでしょうか?

直近の業績では

⇒スガイ化学工業(4120)の【業績概要】四半期別 前年同期比

四半 予想 売上 営益 経益 終益
2017年3月期
1Q
2Q 予想 90% 赤字縮小 赤字拡大 赤字拡大
3Q
4Q 予想 105% 黒字転換 黒字転換 黒字転換

スガイ化学工業(4120):株価チャート

スガイ化学工業(4120)

コメント