来週のテーマについて私見と先週の反省(2016/10/22)

先週のテーマについて反省

来週のテーマについて私見と先週の反省(2016/10/16)

日経17000円を抜いたもののなんだか微妙な感じですね。

テーマ株は、こんな感じでしたね
ドローン関連銘柄 → 来なかった
ロシア関連銘柄 → 来た

来週のテーマについて

好業績が期待出来る銘柄

これは毎回難しいので、私は比較的様子見決め込みの時期になりますが、先週辺りから決算を意識した物色が始まっているとは思います。また、この時期は基本的にテーマ株物色がされ難い時期ですので、「一部の強い銘柄以外」は、出遅れとか連想で物色するのは控える予定です。

この辺りも引き続き監視

「ロシア」関連銘柄
「働き方改革」関連銘柄
「人工知能」関連銘柄

※「ドローン」と「マグネシウム電池」関連銘柄は監視から外し

地合いについて

そろそろ大統領選挙が近いので、それをかなり意識しないと「思わぬ急落」に巻き込まれる可能性が高くなると思います。クリントンだと決め込んでる人も多いかと思いますが、BREXITの時も離脱しないにBETした人は当日痛い思いをしたかと思います。それに意外に接戦です。

トランプ氏の支持率上昇、クリントン氏に4ポイント差まで迫る
2016年10月22日09時11分
http://www.asahi.com/international/reuters/CRWKCN12L2UC.html

どちらが大統領になっても日本にとってはあまりいい結果を生むとは思わないですが、ある程度の行動予測が立てられるクリントン氏は「risk」であり、行動予測が立てれないトランプ氏は「uncertainty」と考えています。不確実性を嫌うので、市場はクリントン氏を選好するでしょう。

圧倒的な大差がついていれば別ですが、そうでもない場合の選挙は水物であり、市場もそれをある程度織り込む動きが随所で出てきます。そのため結果が出るまでは「レンジで揺さぶってくる可能性」や「自分のポジションにとって都合のいい情報を故意に流そうとする悪い大人の出現の可能性」などは考慮にいれておきたいところです。

コメント