イグニス(3689):「VR領域への進出」と「秋元康氏」と「第二のブランジスタ」関連銘柄扱いについて

イグニス(3689):「第二のブランジスタ」関連銘柄扱いについて

VR領域への進出と子会社の設立に関するお知らせ
2016年11月04日
http://1923.co.jp/press-release/2016/11/0402.html

VR領域への進出で子会社を設立されたようですが、子会社のパルス株式会社のWEBサイトの動画を見ていたら、AKB総合プロデューサーの秋元康氏やメンタリストのDaiGo氏が出てきました。思惑たっぷりですが、既に周知されてしまったので、寄り付きの価格が相当にオーバーシュートするでしょうから、もうかなり興味は失せています。

%e7%a7%8b%e5%85%83%e5%ba%b7%e6%b0%8f
※上記画像は以下サイトより
http://pulse227.com/

一応業績のほうを見てみますと

%e3%82%a4%e3%82%b0%e3%83%8b%e3%82%b9%e6%a5%ad%e7%b8%be20161106

QonQでは売上の停滞と利益率の鈍化が見て取れます。また今年の6月にテレビCMを開始したのですが、4Q(6月~9月)にその成果が数字として現れていないです。つまり、4Q期間の利益率が3Qに比べて低下してるのは、広告費がまるまる出て行って売上に貢献は大してしなかった事が伺えます。実際にセルランも大きな変動は無く停滞したままです(というか上位陣の壁が厚すぎるともいえます)。

ですのでまずは、11月11日に来期の業績予想が開示されるまでは様子見しておきたいと思います。

ポジティブ要因

・VR関連銘柄へ
・秋元康氏が関わっている

ネガティブ要因

・ぼくどらの売上の停滞
・3600円と5900円にドイツ銀行のTIPがある

不確定要素

来期の業績予想の数字(2016-11-11開示)

コメント