マルマエ(6264):「3D NAND(半導体)」「有機EL」「第10.5世代液晶パネル」向けなど急拡大する需要に備えるための生産設備増強を進めているらしい

マルマエ(6264):「3D NAND」「有機EL」「第10.5世代液晶パネル」関連銘柄

本日の開示

・第1四半期決算短信
・株式分割 → 2分割(平成29年2月28日)
・株主優待制度 → 100株でクオカード1,000円

2016年12月19日、早々に上方修正を出す


マルマエ IRより
2016.12.19業績予想の修正に関するお知らせ
http://www.marumae.com/

修正の理由

半導体分野とFPD分野において当初想定以上の受注

念のために月次を確認してみると

半導体の受注(微細化投資・3D NAND向け)が急増していて、FPD分野(有機EL・第 10.5 世代大型パネル)向けの新規受注品種の需要が拡大する見通しとあります。

特に伸びが著しいのが半導体(微細化投資・3D NAND)向けの受注。


マルマエ IRより
2016.12.10平成28年11月度 月次受注残高についてのお知らせ
http://www.marumae.com/

経営成績に関する説明で文言を拾ってみると

・ロジック系半導体に対しては微細化投資が続いた
・データセンターのSSD化等の需要拡大を背景
・3D NANDへの投資拡大が積極的に行われた
・当四半期の後半から有機EL向けと第10.5世代液晶パネル向けの受注が拡大
来年に向けて急拡大する需要に備えるための生産設備増強を進めている


マルマエ IRより
2017.01.06平成29年8月期 第1四半期決算短信〔日本基準〕(非連結)
http://www.marumae.com/

つまり今期は半導体向けの受注が急増していますが、来年はさらに増加する見通しと言う事が読み取れます。特に今後、以下の三つは市場が急拡大する事が見込まれさらなる成長が期待出来るでしょう。

「3D NAND(半導体)」
「有機EL」
「第10.5世代液晶パネル」

後少し気になったのは、「有機EL・第10.5世代液晶パネル」向けでは新製品が売れ始めていると言う事ですが、なんだろう?というところですね。

3D NAND向け製品は、東京エレクトロンが主な販売先だと思います。


参考:E01465:株式会社マルマエ S1009788:有価証券報告書 ‐ 第29期(平成27年9月1日 ‐ 平成28年8月31日)より

コメント

  1. ほし より:

    今更ですが
    いつもありがとうございます
    一目で企業業績の流れが分かるので
    時間が無い中、重宝しています

    そしてマルマエ。
    先週からの半導体相場で、ブイテクは怖かったのですが
    記事を思い出して無事利益が出ました
    感謝しています

    • 損 斬丸 より:

      コメントありがとうございます。マルマエおめでとうございます!

      そして、今後ともよろしくお願いいたします(^○^)