アールビバン(7523):思った以上になんだこれ?という感じ(バリュー投資とは)

アールビバン(7523):H21年辺りから変調か?

さほど興味の無かった銘柄ですが、注目したきっかけはこの開示から

貸倒引当金の計上及び繰延税金資産の取り崩し並びに業績予想の修正に関するお知らせ(2017.03.24)
http://www.artvivant.net/ir/release/170324.pdf

■貸倒引当金
販売費及び一般管理費への計上 → 特別損失へ

■繰延税金資産の取り崩し
該美術品等を更に長期間保有する方針に変更

以下の2点を見て「これはアレだな」と思い過去数年分の決算を確認してみました。

中々に面白い数字が出てきましたが、要点は以下かと思います

  • (1)H22年3月期と比較して売上は減少しているのに、売掛金は2倍になっているが何故なのか?
  • (2)H22年3月期と比較して売上は減少しているのに、BSに計上されいてる商品が2倍以上になっているが何故なのか?
  • (3)H27年とH28年は営業黒字なのに2期とも営業キャッシュフローは大幅にマイナスになっているが何故なのか?
  • (4)BSに計上された売掛金と商品がH22年から増加する一方なのに売上は減少してるか何故なのか?
  • (5)H27年から借入が急増しているが何故なのか?
  • (6)H22年と比較すると売掛金は倍になっているが貸倒引当金は比例して増加していないが何故なのか?
  • (7)美術品の保有期間をさらに更に長期間保有する方針に変更とあるが販売の見込みはあるのか?

コメント

  1. 匿名 より:

    飛ばし?ってことですか?

  2. 匿名 より:

    つまり、どういうことなのでしょうか?

  3. あぐ より:

    そらおそろしいのは、こんな調子で何年間も上場維持できるってことかなと思いました。