【東芝】タイミングよく出てくる東電の福島第一原発(廃炉作業員)の中抜き(ピンハネ)の話

福島原発事故処理に最大70兆円になるらしい

危険手当、中間搾取で1万円が300円に 福島第一、廃炉作業員
2017年4月2日 朝刊
http://www.chunichi.co.jp/article/front/list/CK2017040202000058.html

代表例

東電の支払い分 → 日額「一万円」
「東芝」 → 元請け
「東芝プラントシステム」 → 一次下請け
二次下請け ← 今回ここの人が取材に応じる
三次下請け(作業員を集め賃金を支払い)

今まで

作業員側から中抜きを訴える声があったものの支給側からの情報が無く有耶無耶なままだった

今回

二次下請けの建設会社の社長が中抜きを認める

以前から中抜きの問題が指摘されていましたが、いつも話が立ち消えになっていて「どうしてなんだろう?」と思っていましたが元請の会社の名前を見て分かりました。

デマの可能性もある

こんな事を暴露してしまったら二次下請けの会社も今後の受注は難しくなる可能性があるためこの取材の内容は本当かどうかを考慮する必要はあるでしょう。

しかし、この記事を見た瞬間に思ったことは

実は以前から指摘されていたのが、東電がWH社を切り離せないのは原発に絡んで国と密接に結びついているために、色々と手厚い保護を受けていたという話ですね。たしかに不適切な会計処理を短期間で二回もやっているのに上場廃止にならないとかさすがにそういう疑念が出てきてもおかしくないとは思います。

またちょうどWH社の破産を決めて(3月30日)すぐにこういう記事が出てくると言う事を考えると、どうしてもお察しの状況のように見えます。つまり、以前から情報を握ってたものの東電の国の結びつきからストップがかかっていたものが今回のWH社の破産処理で出してもよくなった可能性です。

なぜ作業員を自社で雇用しないで下請けに出すのか?

直接雇用したら、何かあったら自分たちが責任を取ることになるため、派遣会社に丸投げする。監督責任は限定的。ごく一部しか責任は及ばないと言う事が考えられます。そのためみな同じ様に考えてどんどん下請けに出して責任が及ばないようにしています。

特に原発の作業みたいにリスクの高い仕事ほどこの傾向が強くなります。

そのうち沈静化する話だろうか

何度もこの手のものは明るみに出ますが、基本的にそのうち沈静化して有耶無耶になります。金額的に中抜きがひどいという話であり中間手数料を抜く事が違法ではないためです。

さらに「福島原発事故処理に最大70兆円」という話もでています

福島原発事故処理に最大70兆円
民間試算、政府公表の3倍
2017/4/1 16:25
https://this.kiji.is/220806330491520501

最大70兆円にも及ぶ利権を誰が手にするか?というパワーゲームが既に始まっているのかもしれません。面白そうなので今後誰が東電の福島第一原発の廃炉の元請になるか注目したいところです。

コメント