シリコンスタジオ(3907):減収赤字拡大の決算でPTSが上昇したのはよく訓練されたホルダーだからなのか?

シリコンスタジオ(3907):3Qに何かがある?

平成29年11月期 第2四半期決算短信〔日本基準〕(連結)
http://v4.eir-parts.net/v4Contents/View.aspx?cat=tdnet&sid=1494494

上記を見ると分かるのですが、現時点ではお世辞にも好決算とはいえません。しかし夜間では株価は上昇してます。


http://kabushiki.jp/stock/info/3907

え?なんで?とさすがに不思議に思い決算短信の中身を確認してみました。

■開発推進・支援事業
売上高:1,436,176千円(前年同期比8.7%増)
セグメント損失:75,120千円(同37,594千円減)

■コンテンツ事業
売上高:1,142,974千円(前年同期比31.2%減)
セグメント損失:200,392千円(同273,182千円減)

■人材事業
売上高:672,807千円(前年同期比24.7%増)
セグメント利益:120,528千円(同34.2%増)

人材事業は好調ですが、赤字拡大の印象を覆せる程ではないかなと思います。そうなると別の理由がありそうなのでもう少し掘ってみました。

短信の中から気になるワードを抽出

・非エンターテインメント領域での継続案件(自動車業界・不動産業界・携帯端末)が引続き好調
・第3四半期以降に受注を予定している大型の開発案件
・第3四半期以降にリリースを控えている新規の複数コンテンツ事業へ注力
・人材派遣及び紹介件数が堅調に推移
・第3四半期以降にリリース予定の複数のコンテンツを予定通りリリース

以上から考えると第3四半期以降にリリースされるコンテンツに期待した買いと考えるのが妥当かなと。

第3四半期以降にリリースを控えている新規のコンテンツで思い当たるものといえば

ミストウォーカー社と共同開発中の新作ゲーム『テラバトル2』ですね。直近で株価ストップ高をつけた後も株価は堅調に推移しています。

2017年夏の配信予定との事ですので、そこまでイベントドリブンは続く可能性が高いとは一瞬思いました。

直近の業績では

⇒シリコンスタジオ(3907)の【業績概要】四半期別 前年同期比

四半 予想 売上 営益 経益 終益
2017年11月期
1Q 実績 82% 赤字拡大 赤字拡大 赤字拡大
2Q 実績 92% 赤字拡大 赤字拡大 赤字縮小
3Q
4Q 予想 115% 黒字転換 黒字転換 黒字転換

コメント