【今日の好悪材料】[2017年07月11日]

好悪材料[2017年07月11日]

銘柄 コード 業種 前日比 時価総額 好悪材料
メディネ 2370 サー +37.04% 173億円 高感度抗体検査法に関する特許
パス 3840 情報 +29.09% 42億円 低位株物色
岡本硝子 7746 精密 +28.41% 43億円 J3DDが車載投影部材
リミック 3825 情報 +26.32% 579億円 仮想通貨 中国本土
ビーマッ 4316 情報 +22.42% 70億円 5日連続ストップ高
ラクオリ 4579 医薬 +21.21% 303億円 引き続き 材料視
安永 7271 輸送 +19.50% 191億円 リチウムイオン電池関連として
アジア航 9233 空運 +16.80% 194億円 トヨタとの共同出願特許公開
JMAC 5817 非鉄 +15.15% 53億円 空中ディスプレイ関連
プレナス 9945 小売 +12.10% 1163億円 第1四半期は想定以上
ピクセラ 6731 電気 +12.00% 84億円 グーグル関連
トーセ 4728 情報 +10.34% 224億円 ゲーム関連
クリエイ 3148 小売 +9.79% 1844億円 決算 増配
東理ホー 5856 非鉄 +8.40% 112億円 エス・サイエンスの株価上昇
ツバキ・ 6464 機械 +8.28% 928億円 精密ベアリング部品事業を買収
日本ライ 7575 卸売 +8.09% 2235億円 野村証券 目標株価 引き上げ
OKK 6205 機械 +7.69% 114億円 工作機械受注
弁護士ド 6027 サー +7.39% 386億円 クラウド契約サービスへの期待
シンバイ 4582 医薬 +6.94% 128億円 バイオ関連
中外製薬 4519 医薬 +6.49% 2兆4346億円 評価 エミシズマブ
日本光電 6849 電気 +5.26% 2423億円 信用大幅売り長銘柄
プリマハ 2281 食料 +5.18% 1743億円 評価 好ファンダメンタルズ
アイビー 4918 化学 +5.05% 424億円 25日線
サムティ 3244 不動 +4.22% 340億円 業績 上方修正 配当
ムゲンエ 3299 不動 +4.02% 239億円 高値更新
セイコー 6724 電気 +3.70% 1兆063億円 日経平均に新規採用
ネットワ 7518 情報 +3.69% 990億円 大和証券 投資判断 格上げ
コジマ 7513 小売 +3.54% 250億円 第3四半期 収益
ソニー 6758 電気 +2.80% 5兆6109億円 スパイダーマンシリーズ
ソフトバ 9984 情報 +1.99% 10兆0226億円 米国IT関連株の上昇
ルネサス 6723 電気 +1.41% 1兆6788億円 米半導体株の上昇
テモナ 3985 情報 +1.38% 86億円 直近IPO銘柄
トヨタ自 7203 輸送 +1.23% 20兆4361億円 円安 自動車
KDDI 9433 情報 +0.69% 7兆5779億円 懸念 後退 新料金プラン 
KLab 3656 情報 +0.47% 812億円 東海東京証券 新規で買い推奨
アスクル 2678 小売 +0.28% 1994億円 利食い売り 上昇 反動
インフォ 3853 情報 -1.60% 218億円 信用規制実施
SANK 6417 機械 -1.73% 3301億円 パチンコ出玉規制
サニック 4651 サー -1.75% 136億円 利食い売り 上昇 売り優勢 優勢
スズキ 7269 輸送 -1.77% 2兆5816億円 排ガス不正の疑い
アイスタ 3660 情報 -1.79% 535億円 安値水準を割り込む
東芝 6502 電気 -1.84% 1兆0632億円 懸念 半導体
メガチッ 6875 電気 -2.28% 640億円 任天堂の反落
ディー・ 3686 情報 -2.91% 114億円 見切り売り 優勢
ジーンズ 7448 小売 -3.10% 105億円 売り優勢 優勢 RIZAP関連
堀田丸正 8105 卸売 -3.29% 263億円 急騰 反動
平和 6412 機械 -3.76% 2400億円 パチンコ出玉規制
セガサミ 6460 機械 -4.35% 3860億円 パチンコ出玉規制
ビリング 3623 情報 -6.03% 133億円 前日 反動 提携
プロパス 3236 不動 -6.22% 59億円 営業利益 見通し 25.6%減
フォーサ 2330 情報 -6.60% 103億円 アリペイ関連
ローツェ 6323 機械 -7.30% 457億円 第1四半期 減益
エス・サ 5721 非鉄 -7.48% 199億円 短期的な過熱警戒感
リソー教 4714 サー -10.19% 422億円 第1四半期 営業赤字幅が拡大