来週のテーマについて私見と先週の反省(2017/08/06)

今週の反省

来週のテーマについて私見と先週の反省(2017/07/30)

新興市場が週半ばにかなり大きく崩れました。そして戻りは鈍い状態ですね。日経は支えが入ってるかのように中々下げない状態が続きますね。今週は「ポジションは引き続き軽くしておいた方がいい」という判断ですが、新興銘柄に限っては、正解だったのかもしれません。

来週のテーマについて

監視テーマ

電気自動車関連銘柄

電池関連に加えて、それに関連した自動車部品関連銘柄も

FA(ファクトリーオートメーション)関連銘柄

引き続きで特に変化は無し。

ネット広告関連銘柄

見てるのは2銘柄

半導体関連銘柄

決算良かった銘柄が続出してたので、監視に戻し

地合いについて

欧州 → 金融や輸出銘柄買われる
中国 → 軟調なサービス部門PMI
米国 → 雇用統計好調で金融株に買い
日本 → (´・ω・`)
原油 → 米雇用改善で需要減の懸念後退
為替 → 米7月雇用統計のポジティブサプライズでドル上昇
北朝鮮 → 国連安保理 北朝鮮制裁決議を採択

アメリカの指標について(7月雇用統計)

市場予想を上回る雇用者の増加
失業率は16年ぶり低水準
賃金の伸びも予想を上回る
娯楽・ホスピタリティ関連の雇用者が増加
FRBの引き締め観測高まる

賃金の上昇が確認された事で、サプライズ感があります。

ヘルスケア法案と減税法案について

ひとまずトランプ氏が休暇に入ったので、この二つについては大きな動きは無いでしょうが、基本的に法案の通過の困難さが浮き彫りになった形です。特に休み明けから9月末にかけてはアメリカ債務上限という、いつもの問題があるため、減税法案への向かい風となる事でしょう。

そうなると

今週は雇用統計のサプライズ感もあるため大きく下げる展開にはなり難いと予想。しかしながら大きく上げるほどの材料でも無いかなと。よって夏枯れの時期でもあり日経は大きくは動かないと予想しつつも、ポジションは引き続き軽くしておいた方がいいという判断です。特に新興市場は引き続き弱い展開になるかなと。

北朝鮮はさほど重視してないです。それが理由で暴落するなら拾いたいかなと。

コメント