来週のテーマについて私見と先週の反省(2017/12/24)

今週の反省

減税法案が成立 → 出尽くし感もさしてなく比較的無風
半導体 → アメリカが下げている
RPA関連 → 今週盛り上がった
仮想通貨 → 荒い動きなものの先物上場で出尽くし下げ感と夢から醒める時間が来た雰囲気

来週のテーマについて

RPA関連が盛り上がっているので、ひとまず監視入りしておこうか程度。毎年恒例の新興利益確定売りが出る時期は終わりまして、来週からは新年に向けた相場になるかなと。好業績銘柄とバイオ、後は直近盛り上がったテーマを見ておこうかなと

仮想通貨がぼちぼち沈静化しそうなので、テーマ株の復活も近いかなと思いつつのんびり見ています。できれば仮想通貨は色々と巻き込まないで単体でひっそりと逝ってほしいです。

地合いについて

欧州 → 地合い悪化 EU問題再燃の兆し
中国 → 中国株横ばい
米国 → 税制改革法案の成立
日本 → アメリカ次第
原油 → リグ統計受け増産懸念が後退
為替 → ドル・円はこう着
地政学リスク → 中東の地政学リスクが高まり

欧州(EU)懸念再燃の兆し
中東の地政学リスク上昇

アメリカは減税法案が成立してひとまず出たものは出た感。日本は基本的にアメリカ次第という仮定を前提に考えると、アメリカと日本の今後出てくる指標次第の動きになるのかなと。ツイッターとかを見てるとバブル崩壊を煽る雰囲気の方が多くなってきたので、私はどっちかというと上目線です。

アメリカの好調が続く限り、日本の企業は人手不足から賃上げを迫られる事になるかと思います。そうなれば、短期的にはインフレに突入することになると踏んでます。貿易の枠組みが大きく変動しない限りは、自動車業界におけるトヨタの地位も継続するでしょうし、そうであるならば日本の製造業もまだ大丈夫でしょう。

よって現状出ている材料だけで判断するのであれば、短期的には好業績かテーマ株狙いで問題無いのではないかなと判断しています。

コメント