遺伝子治療関連銘柄の本命候補と「今年はその芽を刈り取る時期が来ると確信」の社長発言について

オンコリスが遺伝子治療関連銘柄の本命候補と考える理由

去年の10月17日に「厚生労働省における再生医療等製品レギュレーションを巡る話題」の資料にある遺伝子治療関連銘柄は以下です。


※厚生労働省における再生医療等製品レギュレーションを巡る話題 資料より

遺伝子治療関連銘柄(厚生省資料 未承認薬)

2018年01月14日

銘柄名 業績 業種 時価総額 PER PBR
アステラ 4503 医薬品 2兆978億円 16.43 2.16
アンジェ 4563 医薬品 547億円 15.89
第一三共 4568 医薬品 2兆239億円 41.89 1.75
オンコリ 4588 医薬品 106億円 3.36
タカラバ 4974 化学 2108億円 105.42 3.57

また上記資料を確認すると気が付くのが「腫瘍溶解性ウイルス治療薬」が第一三共、タカラバイオ、アステラス・アムジェン、オンコリスなど上場企業で(厚生省資料にある)遺伝子治療の未承認薬の半数以上が腫瘍溶解性ウイルス治療薬であるということです。素直に受け取れば、国の腫瘍溶解性ウイルス治療薬への期待は相当程度高い事が伺えます。

テロメライシン(メラノーマ)について

実例1

1回だけ注射

(その間放置)4週間目で癌が半分

11週目で癌が消失

実例2

4か所に癌

テロメライシンを一か所に注射

他の箇所の癌が縮小

癌免疫を獲得(樹状細胞療法)

その結果で非常に勇気づけられた

今年中間報告予定

以上の状況を元に今年のオンコリスの社長の新年の挨拶を確認すると


社長コラム 2018 ■第62回(1月1日)『2018年を迎えて』

「今年はその芽を刈り取る時期が来ると確信」発言

しかし常時ビックマウスを叩いてる可能性もあるので、例年の文言を確認してみると

2013年:上場
2014年:社員のベクトルを一つに向けてゆきたい
2015年:世の中に提供できる様努力
2016年:コラム無し
2017年:これまでの「我慢」が着実に「結果」に繋がるよう最善を尽くしたい
2018年:今年はその芽を刈り取る時期が来ると確信

上場からの発言を追ってみると、2018年の新年の挨拶のように強気に発言したことはなくむしろ謙虚な発言ばかりです。

上場からのアレっぷりを差し引いたとしても

会社の事を一番よく知っているはずの社長が「今年はその芽を刈り取る時期が来ると確信」しているならば、相当程度期待が持てるのではないでしょうか。

コメント

  1. オンコ より:

    去年この記事見てオンコ買ったんですよ
    900いくらかでした
    打診買いで少し買っただけですけど
    最近上がり始めてから買い増ししていってます

    どうもありがとう

    • 損 斬丸 より:

      私もずっと持ってて半値まで落ちた時は、色々と諦観状態になりましたが、なんとかEXIT出来て良かったです。