新日本科学が4日連続ストップ高!材料は、仕手色が強い上にiPS細胞で京大との共同研究か?TPP関連銘柄の水産・農林系も強含みに

26日後場は、材料株物色の色彩が一層強まり、TPP(環太平洋経済連携協定)関連株に加え、農業強化関連株の物色が活発化し、業種別指数の値上がり率1位は「水産・農林」。
http://news.finance.yahoo.co.jp/detail/20130226-16092086-scnf-market

※注目銘柄
マルニチH 172 +13
日配飼 154 +32
丸山製 344 +48
ヤマタネ 191 +25
菱地所 2,239 +50

以下は、yahooニュースより抜粋

免疫生物研究所 4570
理化学研究所のiPS細胞臨床報道などを材料にストップ高の25.8%高。

ラクオリア創薬 4579
欧州での特許を引き続き材料に17.4%高となり、前引けの13.9%高から一段高。

新日本科学 2395
150円20.2%ストップ高となり仕手色が強い上にiPS細胞で京大との共同研究などの材料があり4日連続ストップ高

 

ほかのバイオ銘柄ですが、反落したものや続騰したものなど様々

 

バイオ関連のニュースが市場を騒がせてそれを元に急騰する株が多いようですね。新日本科学ですが、財務ボロボロだし買う理由なんてないので人気が無くなれば急落すると思いきや意外に強いです。

 

それとですが、管理人はヤマタネを買おうとして買えなかったです。TPP関連でかつPER7倍のPBR1倍割れで非常に狙われやすい銘柄ですが・・・

 

一歩前に踏み込めなかったです。

 

コメント