【私見と反省】荒い相場で狙い目銘柄は?(2018/11/24)

反省

久しぶりの更新ですので特には無いです。

テーマについて

テーマはありそうで不在な印象です。ついに全体的な景気減速懸念から逃げられなくなった感がじわじわと出てきて、弱い相場が続いています。

半導体について
こちらは当初は信じてなかったのですが、仮想通貨需要が本当にすごかったようで、現在はそれが剥落しつつあるためその分の期待が剥がれ落ちている作業中という印象。ただし車載系への需要増加は今後も続くので、どこかで持ち直すはずじゃなかなと思って見ています。

機械について
中国の景気減速感が出てきて、これは実際にどうなるのか私には分からない状態なので、数字と報道を見ながらたぶんある程度落ち込むんだろうな~という印象で見ています。

半導体と機械が当面厳しい事になるという事は、外需系のセクターで買うモノがあまり無いという事になりそうです。ただし、真の成長企業は今後も買われる事になりそうです。

狙い目銘柄は?

今考えてるのは、売れ筋の商品を抱えた企業というテーマで追っていこうかなと思っています。バブルが起きそうなセクターが発生すれば、それはそれでまたいつものテーマ株に戻るでしょう。後はシステム開発系にセクター買いが来ている事は薄々理解しています。

地合いについて

欧州 → ドイツ銀行が下げすぎ感
中国 → 新車販売・住宅指数が悪い
米国 → 米中摩擦
日本 → アメリカと中国に左右される展開
原油 → まさかの50ドル戻り
為替 → アメリカの金利が高止まりしているため円高シフトは起こらず
地政学リスク → 沈静化

たしか先週に外資が買い転換したとあってから少し日経も落ち着きましたが、本気の買いとはあまり思えず様子見が無難になりそうです。新興株もアメリカのFAANG株があの状態になっているので、日本の新興株グロースを積極的に買う気もあまり起きない状態です。

お金余りの状態なのと決算の数字も特に悪い数字がまだ出てる訳ではないので、買い意欲は残っているため、売られては買い戻されてが連続して起き荒い相場になっているのではないかなと判断。ただ長期勢は逃げているんだろうなという印象。

今後どうなるのかな?という事をぼんやりと考えています。

コメント