【材料】新型コロナウイルスワクチン関連銘柄の小型株が動意付く

株価材料 株関連ニュース
株価材料

2020/10/27 02時54分26秒
不二硝子(5212)
ガラス・土石製品 時価総額:32億円
前日比株価:+24.29%
医療用ガラス専業。ワクチン用アンプルで関連銘柄としての思惑

クレアホールディングス(1757)
建設業 時価総額:222億円
前日比株価:+21.92%
ダチョウ抗体を配合したウイルス対策製品の販売

ツインバード工業(6897)
電気機器 時価総額:70億円
前日比株価:+16.26%
世界的なワクチンの保管と流通に使用することを目的とした製品であるフリーザーボックスを、初期ロットとして前期販売台数の約2倍に相当する1,000台の新規受注。また他にも海外企業を中心に数多くの引き合い有。これを材料に本日寄らずのストップ高。

不二精機(6400)
機械 時価総額:30億円
前日比株価:+10.03%
射出成形用精密金型・成形システム。医療向けが好調。ワクチンの注射器(フリンジ向け金型を取り扱う)。定期的に思惑で株価上昇するもののあまり続かず

朝日ラバー(5162)
ゴム製品 時価総額:32億円
前日比株価:+5.48%
注射器向けゴム製品を扱うため、ワクチン関連として定期的に大きく動く。

概要

ツインバード工業の材料を元に他の関連銘柄に波及。マザーズが大きく下落している中で、短期資金が集中した可能性もあり、持続的な買いが続くかについては、ツインバード工業以外は(新規材料が特にある訳でじゃないので)疑問視される。

ただ、決算が近いためこのテーマの材料が業績に反映されるような開示が出た場合には人気化する可能性も有。

コメント