グリホサート系の除草剤(ラウンドアップ)が効かない雑草「スーパーウィード」、米国で大繁殖

ソース
【農業】農薬の効かない雑草「スーパーウィード」、米国で大繁殖[14/01/15]
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1389848128/

1:やるっきゃ希志あいのφ ★ 2014/01/16(木) 13:55:28.90 ID:???

ソースは
http://www.afpbb.com/articles/-/3006577
http://www.afpbb.com/articles/-/3006577?pid=0&page=2

[1/2]
米国で除草剤が効かない「スーパーウィード」と呼ばれる突然変異の雑草が大繁殖している。 環境運動家や研究者からは、遺伝子組み換え(GM)作物が原因だという声も上がっているが、 業界の大手各社はこれを否定している。

米科学誌サイエンス9月号に発表された研究報告によれば、除草剤に対する耐性をもった GM種子が開発されたために、除草剤が過剰使用されていることが原因だと、多くの科学者が 指摘している。 「除草剤として世界で最も普及しているグリホサート系の農薬が効かない雑草が、米国内の 大豆や綿、トウモロコシ農場の大部分で繁殖」している。多くは、除草剤耐性のあるGM種子を 使っている農場でのことだという。

アグリビジネスの市場調査会社、ストラタスの最新調査によれば、グリホサート系除草剤が 効かない雑草が生えていると答えた農家は、2011年には米国の農家全体の34%だったが、 2012年は49%と半分に迫っている。

■問題の除草剤とGM種子、共にアグリビジネスの産物
グリホサートは米国で最もよく使われている除草剤で、1970年代に米アグリビジネス大手 モンサントが開発した。「ラウンドアップ」の商品名で市販されている。 同社はまた1996年にグリホサートに耐性のあるGM種子を初めて開発した企業でもある。 モンサントのライバル企業の一つ、米化学大手ダウ・ケミカルも「Durango」の名称で 同様の製品を販売している。

しかし、アグリビジネス業界は、スーパーウィードの繁殖に関する責任を否定している。
モンサントの広報は「除草剤の効かない雑草は、GM作物が開発されるずっと以前からあった」
と反論している。
米農務省(USDA)も同じく「数十年前から起きている現象」だという見解だ。
「時間とともに作物が耐性を選択する結果、自然に起きることで、すべての除草剤でみられる」
としている。
またUSDAは、GM作物ではなく「農家の除草の仕方」にスーパーウィード繁殖の一因がある と強調する。GM種子と一緒に、モンサントや競合他社が開発したグリホサート系農薬を 使っていることが問題だという主張だ。 ダウ・ケミカルの広報も「問題は、過去の除草剤耐性作物の栽培システムが、グリホサートの 過剰使用につながったことにある。他に有効な除草法を、農家が見つけられなかったからだ」 と述べている。

-続きます-

2:やるっきゃ希志あいのφ ★ 2014/01/16(木) 13:55:44.84 ID:???

-続きです-
[2/2]
■耐性獲得の悪循環に関する指摘
しかしGM作物に反対するNPOや研究者などは、GM作物がスーパーウィードの繁殖を大きく加速させたという立場だ。悪循環を指摘するのは、米ワシントン州立大学の「持続可能な農業と天然資源センター(Center for Sustaining Agriculture and Natural Resources)」のチャールズ・ベンブルック氏だ。除草剤の投入量を増やせば増やすほど、グリホサート耐性の強い雑草が残るという説明だ。

米化学大手デュポンの種子部門「パイオニア」のウェブサイトに公開された研究によると「グリホサート系除草剤は、グリホサート耐性のある作物の導入に先駆けて20年もの間、使用されていた。その間、耐性に関する問題はなかった」という。しかし、やがて作物は耐性を獲得した。「最初は長年にわたって、1シーズンの間に何度もグリホサート系除草剤を使用してきた地域から」だったという。

ベンブルック氏よれば「スーパーウィードはGM作物に頼っている農家にとって大問題となっており、そうした農家は、除草剤使用量を毎年25%ずつ増やさざるを得なくなっている」。さらに「今後、複数の除草剤に耐性のあるGM種子が新たに認可されることにより、除草剤の投入は平均使用量よりも、少なくとも50%は増えるというのが多くの専門家の予測」だという。

米農務省は1月、ダウ・ケミカルが開発した複数の除草剤に耐性をもつGM種子の認可を検討することを発表した。その除草剤の中には、癌や筋萎縮性側索硬化症を発症させる可能性が指摘されている強力な農薬も含まれている。

-以上です-

 

5:名刺は切らしておりまして 2014/01/16(木) 13:59:41.37 ID:UcaMitnB

アメリカの小麦は危ない
みんな、国産を食えよ!

 

108:名刺は切らしておりまして 2014/01/16(木) 15:36:23.41 ID:5BvnWHGD

>>5
国産なんて、高くて不味いだけじゃない
気候的にも向いていない

 

110:名刺は切らしておりまして 2014/01/16(木) 15:40:42.39 ID:FOiagJLc

労働を手抜きするからだよw
大人しく雑草を抜いて焼いちまうか、牛豚を放牧して食べさせておけばいいものを。

>>108
だったら、パンもうどんも食うなよ。
どのみちアベノミクスで円安で海外からの食料調達コストは上がる一方だし。
それがいやなら、不味かろうが高かろうが我慢しろw

 

115:名刺は切らしておりまして 2014/01/16(木) 15:45:38.42 ID:5BvnWHGD

>>110
調達コストがいくら上がろうが、国産よりは安いよTPPもあるしな
だいたい生産量自体足りていないから
国産小麦なんて趣味の世界

 

6:名刺は切らしておりまして 2014/01/16(木) 14:00:43.52 ID:q3jDzkM2

ウイルスばら撒いて、対策ソフト出すという商売に似てるな

 

7:名刺は切らしておりまして 2014/01/16(木) 14:01:10.35 ID:BINxW3H5

モンサント「ごっつあんです」
化学薬品会社「ごっつあんです」

 

8:名刺は切らしておりまして 2014/01/16(木) 14:01:23.81 ID:i1EPMKjw

またモンサントが儲かるな

 

9:名刺は切らしておりまして 2014/01/16(木) 14:02:01.83 ID:6KHFvxzz

モンサントは責任取れよ

 

11:名刺は切らしておりまして 2014/01/16(木) 14:04:42.38 ID:2hJgoiRJ

ふっつーに薬剤耐性菌が増えるのと同じメカニズムやね
除草剤がない環境だと除草剤耐性のない雑草より繁殖力に劣ってて多くは繁殖できないけど
除草剤の過剰散布で除草剤耐性のない雑草が無くなると耐性のある雑草が「強い者だけが生き残る」って感じで
どんどん先鋭化していく、いわゆる適応ってやつか

 

13:名刺は切らしておりまして 2014/01/16(木) 14:06:09.44 ID:4xmthsEM

なぁに更に強力な除草剤を作ればいい

 

77:名刺は切らしておりまして 2014/01/16(木) 14:54:39.30 ID:42zyVeWF

>>13
それが効かなくなってるんですよ
しかもGM作物のあるところでスーパー雑草やスーパー害虫が増え続けている
たちが悪くてスーパー雑草やスーパー害虫は種類も増えている

人間より自然の方が強かった
さらなる強力な駆除する手段を投入するには10~20年くらい待ってくれになってきたw
当面は過去の手間暇かかる方法も復活させて併用しつつ対応になってきた

 

96:名刺は切らしておりまして 2014/01/16(木) 15:25:14.22 ID:jkJWzkhM

>>77
人為的な遺伝子操作が、自然の遺伝子変異も触発して加速させたりしてるのかな。
除草剤耐性のは、除草剤により強い個体だけが残って繁殖していく自然適応であるのだろうが。
植物に害虫駆除成分を仕込んだりするようなのでも同じことが起こるのだろう。
人間なら影響無く食べれる普通の餌として食べるから、触れるだけの殺虫剤より早く適応してるのかは分からん。

そうなると遺伝子操作自体が、科学では操作不能な自然の領域に入り込みすぎてるとして、抑制されるべきかも。
ちょっと影響予測がカオスすぎて、収拾できない事態になってく技術な感じか。

 

19:名刺は切らしておりまして 2014/01/16(木) 14:10:03.95 ID:nP9VOl5p

こういう記事を見て思い出すんだけど
日本は世界で一番と言ってもいいくらい
消毒や殺菌に神経質だけど
海外のリゾートで食中毒とかコレラに感染するのが
日本人だけ、現地の人間はともかく
欧米人は感染しないのに日本人だけピンポイントで
感染するってことがよくある。
日本には殺菌作用のある石鹸とか洗剤が普及してるけど
海外ではそれほどでもなかったように思う

 

24:名刺は切らしておりまして 2014/01/16(木) 14:15:14.22 ID:p/FrtbCq

>>19
それは先入観
その国では感染症が流行ってるだけ
感染症が流行ってる国に行けば誰だって感染しますわな

 

25:名刺は切らしておりまして 2014/01/16(木) 14:16:17.98 ID:BINxW3H5

>>19
先日ドイツ人が日本でデング熱に感染したとかあったけど
日本人に限らずどこでもあんじゃね

 

27:名刺は切らしておりまして 2014/01/16(木) 14:17:07.81 ID:p/FrtbCq

>>19>>25
要は自国で流行ってない感染症が流行ってる他国に行けば
いつでも感染症の可能性はあるよな、ってだけなんだわ

 

103:名刺は切らしておりまして 2014/01/16(木) 15:31:33.48 ID:NpqY+Yxg

>>19

1995年に起こったバリ島のコレラ騒ぎ。
インドネシアのバリ島から帰国した200人以上の日本人がコレラを発症
おかしなことに発症者は日本人だけ
バリ島には現地の人はもちろんのこと、世界各国の観光客がいた
日本人以外の誰一人としてコレラを発症しなかった
http://chirotic.exblog.jp/i21/

1995年2月にバリ島から帰国した日本人300人近くが
激しい下痢や腹痛、嘔吐を訴え、コレラ菌に感染していることがわかりました。
不思議なのは、発症したのは日本人観光客のみで、
現地の住民や他の国の観光客は感染していなかった点です。
http://terrycasperjp.blog81.fc2.com/blog-entry-128.html

↑への反証?(推測):内科医 安部收

実際は他の外国の旅行者も感染していたと考えられています。
の症状が極めて軽いため帰国してから単なる大腸炎として
抗生剤の投与で容易に直っていたと思われます。
http://www.abe-clinic.net/kenkou/kaigai.html

 

20:名刺は切らしておりまして 2014/01/16(木) 14:10:54.65 ID:6rIcUGej

モンサントにすれば、もっと高価で強力な除草剤を売るチャンスって事か。
何かが飛んでもなく間違ってる気がする

 

29:名刺は切らしておりまして 2014/01/16(木) 14:18:03.03 ID:pbvjMD8p

薬剤耐性菌との攻防みたいだな

 

32:名刺は切らしておりまして 2014/01/16(木) 14:19:26.31 ID:9XE7RLea

モンサントがそうなるように仕組んだんだろ。
そして新しい農薬を売り出す。w

 

36:名刺は切らしておりまして 2014/01/16(木) 14:23:06.61 ID:gMp33XV5

毎年農薬変えてローテーションしないと耐性菌が残って蔓延してしまう
こんな事は作物作ってる所なら常識だ
モンサントは嫌いだが
これは農家の問題だろ
グリホサート単品を何十年も散布したら
こうならない方が不思議なくらいで

それを農薬メーカーのせいにする方が非常識でしょう

 

37:名刺は切らしておりまして 2014/01/16(木) 14:24:05.34 ID:6KHFvxzz

スーパー雑草と名付け、恐ろしい植物と思うかもしれないが

モンサントによって大規模に作られた異常な土壌を浄化するために

機能する救済植物。

自然は本当にうまく出来ている

 

41:名刺は切らしておりまして 2014/01/16(木) 14:26:32.79 ID:nGWC9bHV

>>37
腐海かよw

 

39:名刺は切らしておりまして 2014/01/16(木) 14:25:26.00 ID:ZkphGl1d

タネも除草剤も売れてぼろ儲けですね
そのうち物理的排除に耐性を持つ雑草が現れるぞ

 

53:「中韓除き隊」 2014/01/16(木) 14:38:37.94 ID:FQlaDJEH

「ラウンドアップ」は地中の有機類も死滅させる恐ろしい除草剤ですよ。まさか皆さんご自分の

土地に撒いたりしていませんよね。 普通植物は枯れると腐るのですが、アレを使うと熔けて腐らない

新種の物体に変質するのです。

 

71:名刺は切らしておりまして 2014/01/16(木) 14:51:55.87 ID:vYrhdaZO

そうか、増毛剤でなく、脱毛剤を使えば強い髪が残るぞ!

 

75:名刺は切らしておりまして 2014/01/16(木) 14:54:19.54 ID:auVWgy8f

なーに、頃合いを見計らってモンサントが新しい除草剤を発表するさ・・・

 

86:名刺は切らしておりまして 2014/01/16(木) 15:12:54.90 ID:nJBtOCnd

>そうした農家は、除草剤使用量を毎年25%ずつ増やさざるを得なくなっている」。

えげつない商売だね

10年後には7倍になってるし
さらに10年後には70倍になってるw

 

102:名刺は切らしておりまして 2014/01/16(木) 15:31:30.69 ID:6KHFvxzz

問題は、モンサントが過去に引き起こして来た事例を見る間でもなく

将来的に引き起こす問題を予想し、その結果に責任を持つという

企業理念を持たない事にある。

日本企業がこんなことをやれば、袋叩きに会うんだがね。

 

106:名刺は切らしておりまして 2014/01/16(木) 15:34:16.03 ID:jkJWzkhM

殺すのに耐性がつくから何でも使い過ぎは禁止って、農業でなくても医療でも言われることだと思うが。
アメリカだかユダヤが大雑把にやり過ぎたみたいだな。
早めに禁止したり規制したりしないと、進化した中国みたいな国の滅び方みたいになりそうだ。

俺もこれからはGMOに少しは気を使うか。
ヨーロッパではこういうのに、日本より余程神経質だと思うんだがなあ。

 

111:名刺は切らしておりまして 2014/01/16(木) 15:40:43.52 ID:4/wtsGaY

雑草の復習が始まったw

 

112:名刺は切らしておりまして 2014/01/16(木) 15:41:36.57 ID:jA/+mils

>>111
雑草も学習するもんな。

 

120:名刺は切らしておりまして 2014/01/16(木) 15:56:59.70 ID:4/wtsGaY

>>112
www
変換ミス、気がつかなかったw
でも考えたら雑草も予習してるかもなw
お勉強の成果が >>1 かもよw

 

116:名刺は切らしておりまして 2014/01/16(木) 15:46:49.02 ID:6KHFvxzz

さすがにヨーロッパはモンサントを排除した

 

121:名刺は切らしておりまして 2014/01/16(木) 15:57:16.21 ID:rWf+OjAe

新型GM種子も新型除草剤もよく売れますね。

 

130:名刺は切らしておりまして 2014/01/16(木) 16:41:59.19 ID:NsaMfQeF

>またUSDAは、GM作物ではなく「農家の除草の仕方」にスーパーウィード繁殖の一因があると強調する。
>GM種子と一緒に、モンサントや競合他社が開発したグリホサート系農薬を使っていることが問題だという主張だ。
>ダウ・ケミカルの広報も「問題は、過去の除草剤耐性作物の栽培システムが、グリホサートの
>過剰使用につながったことにある。他に有効な除草法を、農家が見つけられなかったからだ」と述べている。

>悪循環を指摘するのは、米ワシントン州立大学の「持続可能な農業と天然資源センター
>(Center for Sustaining Agriculture and Natural Resources)」のチャールズ・
>ベンブルック氏だ。除草剤の投入量を増やせば増やすほど、グリホサート耐性の強い雑草が残るという説明だ。

言ってることはどっちもGM作物に除草剤耐性あるからって見境なくドバドバ除草剤投入した結果除草剤耐性が強力な雑草が生き残った、
って話でしょ要するに。GM作物推進派も反対派も見解が一致してるじゃん。

 

137:名刺は切らしておりまして 2014/01/16(木) 17:00:19.73 ID:Fu5QjB5s

自然界にごくわずかに存在する耐性持ちの雑草は、通常なら耐性を持たない圧倒的多数の雑草の中に埋もれて存在比率が低いままなのね。
で、圧倒的多数の雑草を農薬で駆逐したら生き残った耐性持ちが繁殖したというだけの話。
普通はそういう事態にならないように複数の農薬を組み合わせて使って耐性持ちだけ生き残らないようにするんだけど、農家が楽だからってグリホ剤を使いまくるとこういう結果になる。

見解はみんな一緒なんだけど、遺伝子組み換え作物があるからグリホ剤を使って耐性雑草が繁殖するのか、耐性持ちは以前から存在していて遺伝子組み換え作物は関係ないよで揉めているってわけか。
遺伝子組み換え作物を作ってなければグリホ剤なんて使えないんだけどね。枯れちゃうから。

 

138:名刺は切らしておりまして 2014/01/16(木) 17:03:40.75 ID:kL13HYxw

そりゃ耐性の無い雑草がいなくなったら
残った雑草はたらふく養分を独り占めできるからな

 

141:名刺は切らしておりまして 2014/01/16(木) 17:07:33.74 ID:fvuqPCrK

これの対策は、
たとえば、遺伝子組み換え作物を、農薬A耐性種、農薬B耐性種、農薬C耐性種とか複数種類作る
そして、数年おきにGM品種・農薬をローテーションして変えていく必要がある

そうすれば基本問題ない

同じ農薬への耐性種ばかり使ってるのが最大の問題

 

143:名刺は切らしておりまして 2014/01/16(木) 17:12:03.21 ID:D1Gu4wFq

まぁ、これはいたちごっこだろうな。

コメント