不動産銘柄が総崩れ。ケネディクス<4321.T>は、前期が101億円の赤字

正直、意外です。知り合いの不動産屋さんからも最近資金が色々入ってきている話しは聞いていたので、比較的順調な決算かと思っていました。特にケネディクスの今期決算で赤字転落は、相当にネガティブサプライズでした。

1年チャート(4321 マネックス証券より)

ケネディクス株価チャート

いやいや・・・びっくりするくらいの急落ですね。これにあわせて不動産業界全体も下落

不動産業界株価ランキング

ただ、ここ3ヶ月位一気に上昇してたので調整の意味もあるんでしょう。ちょうどいいタイミングですし。それに銀行株が投資評価を引き下げられていたのでそれにあわせていったんポジションを解消したんでしょう。なので、トレンド自体は大きく変化しないと考えています。

また、今回のケネディクスの損は、
一方で、匿名組合出資持分の譲渡に伴い3,827百万円を関係会社整理損として計上したほか、自己勘定保有物件について3,223百万円を減損損失として計上したこと、不動産を担保とした特定社債等を中心に投資有価証券評価損を2,634百万円計上したこと等から、12,386百万円を特別損失に計上することになりました。
とありましたので、今期限りの気がします。また、キャッシュフローで見れば、営業キャッシュフローが大幅にプラスになっていますのである程度底を打ったら反転上昇しそうです。
ケネディクス営業キャッシュフロー24年

リーマンショック前の新興不動産は、ひどいものでして営業キャッシュフローがマイナスでしたからね。「これでなんで利益でてるんだ?」ってずっと疑問に思っていたら案の定次々と倒産していきました。
予想PERや予想PBRから見るに妥当な株価は1万円位かな?後、何かで四季報が売り切れ!のニュースを見たので、もうバブル終了しちゃったのかな・・・なんて思っています。今から四季報買いだすような素人さんが参入してきたら相場は終わりですからね。

後、ユーロの雲行きが怪しくなってきましたね。

コメント