「14個の身も蓋もない仕事の法則」を読んで感心してしまった件

ちょっと古い記事ですが今日読んでいて改めて感心してしまった。
というかこのサイトの人の記事は何度も読んでしまいますね。

2008-04-10
14個の身も蓋もない仕事の法則
http://d.hatena.ne.jp/fromdusktildawn/20080410/1207806673

(1)「単なる知り合い」と「人脈」は全くの別物である。人脈とは、自分のことを高く評価してくれる権力者のことである。
(2)20代の時にあちこちに恩を売りまくっておけ。そいつらはいろんな組織で成長して権力を握り、30代半ばには、強力な人脈になる。
(3)自分とは違うタイプの優秀さを持った人間を「無能だ」と決めつけて切り捨てるのは、致命的な機会損失である。
(4)客観的なビジネスプランはたいてい役に立たない。自分の熱い主観を企画書にぶち込め。
(5)みんなの良い意見を集めても魅力的な企画にはならない。優れた企画は、たいてい誰かの個人作品である。
(6)目下の人間にも、上司に対するのと同じだけ敬意を払い、「さん」付けで呼んでおけ。自分の部下を「君」付けで呼んでいると、そいつが抜擢されて自分の上司になったとき、「さん」で呼ばなければならなくなるという屈辱を味わうことになる。
(7)ほとんどの人は、建前ばかり並べて会議をするので、思考力が失われ、無難で退屈な結論にしかたどり着けない。
(8)プライドも建前もかなぐり捨て、身も蓋もない真実を徹底的に追いつめると、人々の感動を生むビジネスプランが出来上がる。
(9)魂を込めて濃い本を書くと、それは転職の時、強力な名刺として使える。
(10)ほとんどの人は「会社がお金を儲けること」へのこだわりが薄い。だから、「会社がお金を儲けること」にこだわって仕事すると、上司からも会社からも高く評価される。
(11)「ほとんどの人が疑わない常識」を疑うと、大量のビジネスアイデアがあふれてくる。
(12)「好きなことをやる」ことではなく、「やりたくないことをやらない」ことを優先しろ。
(13)講演をすると、ヘッドハントの手紙、メール、電話が来る。
(14)自分の欠点だと思っていることが、他人から見ると長所になることは意外に多い。たとえば「自分の意見をもたない」人が「他人と衝突しにくい」という点が評価されて、組織の長に抜擢されたケースがある。


上記のうち「特に確かに!」って思ったところは、以下の5つ

人脈とは、自分のことを高く評価してくれる権力者だ!

世間一般では人脈とは、ひとのつながりの多さだと思われているかと思いますが、ちょっと違いますね。企業の採用でコミュ力を重視するとか言ってますが苦笑を禁じえません。企業が本当に欲しいのは、薄っぺらいコミュ力ではなく人脈です。例えば、重要な取引先の息子とか政治家を親に持っているとかそういうものです。ただ、人のつながりが多ければ当然、自分のことを高く評価してくれる権力者とのつながりも多くなる可能性があるので、そういう意味では顔の広さも重要になってくると思います。ただ、知り合いが多いってだけの人との違いを見分けられるようにしないと駄目ですね。

20代の時にあちこちに恩を売りまくっておけ!

これはその通り。学生時代の友人とかはやっぱり宝です。社会に出ると損得関係無しに付き合いが出来るって本当に少なくなります。また20代のうちに恩を売りまくるのはそんなに難しいことじゃないはずです。10年後20年後にそのうちの数%が実ります。

身も蓋もない真実を徹底的に追い詰めろ!

これは、投資の世界では必須ですね。自分の思い込みなんて簡単に打ち砕かれます。

2ちゃんねる投資格言
http://news830.com/archives/2799
この株は○○円まで行く! ← 行かない
明日が底でしょう ← 底じゃない
乗り遅れるな! ← 高値掴み
オワタ ← 反発
この株はやめとけ ← ナイアガラが近い
買え! ← 利確しとけ
これはダメだ!うわああああああ ← もうちょっとだけ様子を見て買え

「やりたくないことをやらない」ことを優先しろ!

やりたくないことをやらないメリット
・心にストレスがかからない
・その分、時間が取れて他の事が出来る

問題は、組織の中では簡単にはそんなことできない。だからこそそれが出来るということは他者に対して相当なプライオリティを持つことになります。

投資格言
「人の行く裏道に道あり花の山」

「会社がお金を儲けること」にこだわって仕事しろ!

これも競合が少ないからですね。多くの若い人は、「やりがい!」とか「好きな仕事!」などの基準を選ぶかと思います。まず会社にいて第一に考えなければいけないのは利益です。それが無ければ存続できません。利益があってこそで、その次に仕事に対してのやりがいなどが生まれてきます。何度も言いますが会社として一番に考えるのは、利益です。そしてそこにこだわって仕事する人を優先するのは至極当然の話です。

ただ、利益にこだわりすぎてブラック企業になってしまったら利益の根源である人材はいなくなってしまいます。これは言い換えれば、会社側が利益追求を従業員に過度に押し付ければ当然ブラック化して人材は離れていきますが、従業員側から利益を追求してくれれば会社は喜んでそのような人材を優遇するというお話。

※コンプライアンスは遵守しましょう

最後に一言

結局、頭一つ上に抜けたいのであれば、世間一般で考えられていることに流されるのではなく「身も蓋もない真実を徹底的に追い詰めろ!」って事なんだと思います。

コメント