弱い「HSBC中国製造業PMI」のため日経平均株価の継続的上昇には疑念がある模様

HSBC中国製造業PMIの関連ニュース(ロイター)

時系列でざっと確認

2014年 03月 21日 01:20 JST
中国国有企業の利益、1─2月は前年比2.8%増に鈍化
http://jp.reuters.com/article/jpchina/idJPTJEA2J01120140320
・利益は前年同期比2.8%増
・2013年通年の5.9%から鈍化
・前年同期の9.7%も下回った
・軽工業、石炭、石油化学は特に大きな減益幅
・国有企業は依然として主要産業で支配的地位

2014年 03月 21日 01:12 JST
香港H株指数、12月初めからの下落率が20%に
http://jp.reuters.com/article/businessNews/idJPTJEA2J00S20140320
・ハンセン指数.HSIに比べて下げが加速
予想を下回る中国経済指標
中国関連株の弱さは、一定期間続く可能性

2014年 03月 24日 14:50 JST
中国・香港株式市場・前場=続伸、上海で金融・保険株が高い
http://jp.reuters.com/article/stocksNews/idJPL4N0ML19420140324
・中国証券監督管理委員会(証監会、CSRC)は21日、上場企業に優先株の発行を認める試験的なプログラムに関する規定を発表
流動性を改善することができるため、とても前向きなニュース

2014年 03月 24日 15:58 JST
アジア通貨動向(24日)=概ね上昇、弱い中国PMIで上げは限定的
http://jp.reuters.com/article/idJPL4N0ML1KM20140324
・人民元の反発が支援材料
・タイバーツ は政情不安が再度高まっていることから下落

2014年 03月 24日 16:04 JST
中国指標悪化でも日本株上昇、「強気相場」の持続性には疑問も
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYEA2N05N20140324
・中国製造業購買担当者景気指数(PMI)は市場予想を下回った
・日本株は逆に上げ幅を広げる展開
中国政府が景気刺激策を打ち出すとみる強気がマーケットに戻ってきた
買いはあくまで短期筋中心
・「強気相場」の持続性には疑問
HSBC中国製造業PMIは、「失望を誘う結果」
・プロっぽい買い方
・売り方の踏み上げをねらったのでは?
景気指標が悪くても政策を期待して株価が上昇するのは金融相場の1つの特徴
外為市場でも需給的な話題が中心
本格的に楽観に転じるのは現時点では難しい

2014年 03月 24日 16:07 JST
ドル102円前半、ウクライナ・中国リスク警戒で上値重い
http://jp.reuters.com/article/bizforex/idJPTYEA2N05Q20140324
・ロシアがどのような対抗策をとるのか不透明感
・中国リスクもくすぶっている
・市場参加者の注目は、一連の米重要指標に向かっている
来週は本格的にポジションをとる必要が出てくるかもしれない

HSBC中国製造業PMIの関連ニュース(ブルームバーグ)

時系列でざっと確認

2014/03/24 14:10 JST
香港株(午前):好決算相次ぎ上昇-3月中国PMIは響かず
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-N2XCEO6JTSE901.html
・好調な企業決算を材料に上昇
・3月の中国の製造業指数が市場予想を下回ったことは響いていない
PMI統計は「市場にプラスではないが、大きくネガティブだとも思わない」

2014/03/24 14:56 JST
中国:3月のHSBC製造業PMI、予想外の低下
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-N2X3TF6JTSEK01.html
中国指導部は、難しいかじ取りを迫られている
金融政策を緩和するとの観測が強まっている

2014/03/24 16:08 JST
新興市場株:続伸、香港H株が4カ月ぶり大幅高
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-N2XHZE6TTDS001.html
・インド株は過去最高値を更新

雑感

キーワードを抜き出すとこんな感じかな?
→ある程度の低い中国経済指標は織り込み済み
→中国当局が金融緩和を行う観測
→日経平均は売り方の踏み上げ狙い
→材料なく需給相場
→強気がマーケットに戻ってきた
→ウクライナ不安は健在
→中国リスクはくすぶっている
→過度な中国デフォルトリスクは後退
→今週は様子見の投資家が多いけど、来週からはアメリカの指標を材料に波乱含み

つまり、今週は材料がないため需給を中心に短期筋が仕掛けてくる相場になり上昇しても持続は難しい。そのため今週は割り切って買いから入ってみると良さそうだ?

コメント