国家戦略特別特区(沖縄県)の概要と関連銘柄の本命が2chでモバイルクリエイトと言われている件について

国家戦略特別特区のソース(首相官邸)

国家戦略特別区域諮問会議
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/tiiki/kokusentoc/shimonkaigi.html
第4回 国家戦略特別区域諮問会議 配布資料
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/tiiki/kokusentoc/dai4/siryou.html
国家戦略特別区域及び区域方針(案)
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/tiiki/kokusentoc/dai4/siryo3_2.pdf

沖縄県の案

目標

世界水準の観光リゾート地を整備し、ダイビング、空手等の地域の強みを活かした観光ビジネスを振興するとともに、沖縄科学技術大学院大学を中心とした国際的なイノベーション拠点の形成を図ることにより、新たなビジネスモデルを創出し、外国人観光客等の飛躍的な増大を図る。

政策課題

外国人観光客等が旅行しやすい環境の整備
地域の強みを活かした観光ビジネスモデルの振興
国際的環境の整ったイノベーション拠点の整備

事業に関する基本的事項

<観光>
外国人観光客の入国の容易化(ビザ要件の緩和)
入管手続の迅速化(民間委託等)
外国人ダイバーの受入れ(潜水士試験の外国語対応)
<労働>
海外からの高度人材の受入れ(ビザ要件の緩和)

国家戦略特別区域の概要(案)

沖縄県の【国際観光拠点】
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/tiiki/kokusentoc/dai4/siryo3_1.pdf
規制改革事項等の内容の一層の充実を求めることとする。

とありまして、この文言があるのは、東京圏と沖縄だけなので追加で何かあるという含みがあります。

想定される関連業種

観光
ホテル
研究開発(バイオ)

※連想
観光 → カジノ

モバイルクリエイト(3669)について

特色(四季報より)
タクシーやバス向けに車両などの移動体管理システム提供

ここから、観光関連銘柄であると考えられています。

業績について

売上がまさかの急拡大
連11. 5:1,142百万円
連12. 5:1,813百万円
連13. 5:2,828百万円
連14. 5:4,240百万円(予想)

14年の予想PERは、約40倍ですがこの拡大ペースなら割高と断定も出来なく判断に迷うところ

商品&サービス
・タクシー自動配車システム
・バスロケーションシステム
・ボイスパケットトランシーバー
・タクシーや電車の電子決済システム
・動態管理システム
・動態管理システム「モバロケ」とナビ連携

その他、業績に関連する情報
・本州でバスロケーションシステムを追加受注(5億円弱)
・タクシー無線は2016年にアナログ廃止につき乗り換え需要を狙い

しかし、九州地盤でこの売上規模なのに本州に本格進出してきたら結構すごいのでは?と思うが今回の特区とか関係なく単純に業績の話。

追加

サービス概念図
http://tdn.ifis.co.jp/data/disclose/d2/20140115/140120140115085441.pdf
・MVNO(事業者) (仮想移動体通信事業者) 7P

MVNO関連銘柄でもあることになるなのか

沖縄本島IC乗車券システム開発

請負金額:約26億円
開発期間:2014年5月期~2015年5月期
機器購入やシステム開発費用に充当
売上、費用はシステム開発進捗に応じて計上

まとめ

・沖縄にカジノの話はなんともいえないけどカジノ関連銘柄が動き出しているのはなんとなく感じるところ
・沖縄については追加で規制緩和するみたいだからそれがなんなのかで思惑を呼びそう(追加緩和明言は東京都と沖縄のみ)
・モバイルクリエイトは業績そのものはそこそこ期待できる
・今回の件で思惑物色されてもおかしくないし来期の業績も良さそうなので、月曜日に買っても悪くはない気がする

私は監視のみかな

国家戦略特区に沖縄が選ばれた理由について

新藤国家戦略特別区域担当大臣記者会見要旨
http://news830.com/archives/5893

 

コメント