クリストフ・ウェバー氏とは?武田薬品の次期社長(COO)は、英製薬大手のグラクソ・スミスクライン(GSK)グループ出身

クリストフ・ウェバー氏の経歴(略歴)

1992年 仏リヨン第1大学薬学博士取得
1993年 GSK入社
~欧州、アメリカ、アジアにおけるワクチン部門を統括~
2003年 GSKフランス会長兼CEO
2008年 GSKアジア太平洋上級副社長兼地域統括
2011年 GSKワクチン社社長兼CEO
フランス出身で現在47歳

最高執行責任者(COO)とは

wikiより
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%80%E9%AB%98%E5%9F%B7%E8%A1%8C%E8%B2%AC%E4%BB%BB%E8%80%85

最高執行責任者 (COO) は、アメリカ合衆国内における法人の役員 (officer) で、一般に理事会(法人が会社の場合は取締役会)によって選任されるが、定款の定めにより、社員総会(法人が株式会社の場合は株主総会)で選任する場合もある。理事会又は取締役会はいつでもCOOを解任することができるとされる。 COOの職務は理事会又は取締役会による指揮および最高経営責任者 (CEO) による統括の下で、法人 (corporation) の日々の事業運営[2]、営利法人においては特に営業活動に関する業務執行を統括し責任を負うとされる。

COOとCEOとの違い

CEO=最高経営責任者
COO=最高執行責任者

立場
CEO >> COO

武田薬品工業の株価情報等

武田薬品工業(株)(4502)
国内製薬首位。生活習慣病に強み。米国社買収でがん領域強化。新興国開拓へスイス大手買収。
(※上記特色は、yahooファイナンスより引用)
株価:4872円(11:03)
前日比+50円(+1.04%)
25日移動平均価格:4877円
25日移動平均乖離率:-0.10%
株式時価総額:3兆8473億円

武田薬:「細胞培養インフルエンザワクチンH5N1」 および「細胞培養インフルエンザワクチン(プロトタイプ)」日本における製造販売承認取得
https://www.release.tdnet.info/inbs/140120140331030687.pdf
2014/3/31 16:10
武田薬:武田分析研究所の住化分析センターへの事業譲渡について
https://www.release.tdnet.info/inbs/140120140331030610.pdf
2014/3/31 16:00
武田薬:非定型抗精神病薬「LATUDA」の欧州における販売許可取得について
https://www.release.tdnet.info/inbs/140120140331029947.pdf
2014/3/31 08:00

製薬上位会社の時価総額

以下より参照
http://matome.naver.jp/odai/2137138476707259001

参考)2012年3月27日の製薬上位会社の時価総額
ジョンソン・エンド・ジョンソン 14.7兆円
ファイザー 13.6兆円
グラクソ・スミスクライン 9.2兆円

外国人経営者がトップになることについて

・日産の例もあるから別にいいんじゃない?

…以上

一応、補足しておくと

生え抜きでない外部の人をトップに据える事には功罪があると思っています。


・大きな組織においては内部浄化作用は働かない可能性が高いので大きな変革を望むときは外部の人間を招聘するのが適任かと思います。
・過去の悪いしがらみが無く決断を下せる


・該当の組織に対しての愛情が薄い事が多いため安易な決断に走りやすい
・内部の力学に疎いため地雷を踏む可能性

結局、蓋を開けてみないとどうなるか分からないので現時点で特に何か分かるものではないと思います。

コメント