【液晶】スマホ・タブレット関連銘柄のエクセル(7591)が業績急拡大

平成26年3月期 決算短信〔日本基準〕(連結)
https://www.release.tdnet.info/inbs/140120140425046898.pdf

エクセルの業績予想

◎エクセル、15年3月期連結純利益予想91.1%増 29億円

時事通信

エクセル3月期連結決算(日本基準)
(2013年4月1日~2014年3月31日)      5月15日発表
2014年3月期    2015年3月期予想
売上高       1298億0600万円   2300億0000万円
営業利益        19億9900万円     39億0000万円
経常利益        22億6300万円     38億0000万円
純利益         15億1700万円     29億0000万円
1株当たり利益       175円14銭       334円63銭

株価情報等

(株)エクセル(7591)
独立系エレクトロニクス商社。液晶デバイス、半導体などシャープ製品が主力。海外7割超。
(※上記特色は、yahooファイナンスより引用)
株価:1091円(2014/05/15 15:00)
前日比-10円(-0.91%)
25日移動平均価格:1079円
25日移動平均乖離率:+1.11%
株式時価総額:99億円
予想PER:3.26倍

エクセルの経営成績・財政状態に関する分析

・スマートフォン・タブレット関連市場の拡大
・海外顧客とのビジネス開拓
・売上高は1,298億6百万円(前年同期比46.1%増)

液晶デバイス

売上高は617億24百万円(前年同期比169.4%増

半導体・集積回路

売上高は109億40百万円(前年同期比4.3%減

電子部品・その他

売上高は570億4百万円(前年同期比4.9%増

生産

売上高は1億37百万円(前年同期比13.3%減
※清算する事で決議済み

特に伸びているのが、「液晶デバイス」
→前年同期比169.4%増

やはり、アジアでの格安スマホの拡大によって、一部の関連銘柄が急速に業績を拡大しています。

業績急拡大の格安スマホ関連銘柄

7591 エクセル(液晶パネルが急拡大)

2014/01/31に業績を上方修正
2014/05/15に上ぶれ着地の来期急拡大

6871 日本マイクロニクス(液晶ディスプレー等の検査装置)

2014/02/07に業績を上方修正
2014/05/09に再度の業績上方修正

7717 ブイ・テクノロジー(中国の液晶投資が復調)

2013/09/30に大手液晶メーカより大口受注のお知らせ
2014/04/16に業績予想の修正に関するお知らせ
2014/05/08に大手液晶パネルメーカより大口受注のお知らせ
2014/05/13に今期業績を急拡大予想

6677 エスケーエレクトロニクス(大型液晶パネル用で世界首位)

2014/02/10に業績予想の修正に関するお知らせ
2014/05/12に再度の業績予想の修正

こうやって並べてみてると、(スマホ)液晶関連銘柄に2014年に入ってから受注急拡大しています。また業績予想の修正のコメントを見てみると

6871 日本マイクロニクス
尚、第4四半期(7-9月)の事業環境の前提は変えておりません

6677 エスケーエレクトロニクス
テレビ、スマートフォン、タブレット端末などのパネル開発が活発に推移
第2四半期累計期間の業績を踏まえつつ、下期の市況も当初想定と比べ活況となることを見込んでおり、業績予想を修正いたします

相当に活況なのが伺えます。ただ他の半導体関連銘柄を見るとそこまでではないので、業績の急回復は、スマホ液晶関連が特に顕著に見えます。

PERもエクセルは3倍、エスケーエレクトロニクスは5.46倍とかなり割安となっています。またVテクノロジーは売上急拡大と各社好調です。

日経が軟調な中で、

この辺や
http://www.nikkei.com/article/DGXNASDZ0209D_S4A400C1TJ1000/

この辺の記事を
http://techon.nikkeibp.co.jp/article/FEATURE/20140421/347702/

見てみると分かりますように、アジアで格安スマホが急拡大しています。
急な受注増はこれが原因だと考えます。それに新興市場はまだまだ拡大期なのもあいまって今後も好調な業績は続くと判断するのが妥当でしょう。

 

ですので・・・

 

check14

コメント