FDK(6955)が株価ストップ高の理由は、薄型リチウム電池を欧州の新型クレジットカード向けに量産するかららしい

FDKが株価ストップ高気配で寄らずの張り付き

FDK

FDK、薄型リチウム電池量産

2014/5/28 0:21
FDK、薄型リチウム電池量産 新型クレジットカード向け
http://www.nikkei.com/article/DGXNASDZ270CY_X20C14A5TJ1000/
2014年度に年間500万個と13年度実績比25倍とし、16年度には年間2400万個に増やす

FDKの薄型リチウム電池とは

http://www.fdk.co.jp/battery/lithium/lithium_thin.html
FDK2

特長

低い自己放電率と長い電池寿命。
自己放電率:年当たり3%未満の室温で。
広い温度範囲で使用可能。
動作温度範囲:-10 ℃〜+60 ℃(+14 〜+140 F 、F)
を超える-10温度で電池使用時FDKにご相談ください〜+60 ℃(+14 〜+140 F 、F )の範囲。
UL認定(ファイル番号MH13421)

FDKの2015/03期 業績会社予想

売上高(百万) 76,624 → 82,000
経常利益(百万)1,471 → 1,600
純利益(百万) 1,060 → 1,200
1株当たり純利益 4.88 → 4.28

薄型リチウム電池の業績への寄与について考察

2013年3月19日5時1分
FDK、薄型リチウム電池増産-0.5mm以下を2.4倍
http://www.asahi.com/tech_science/nikkanko/NKK201303190004.html
・15年度には20億円近くの事業規模に育てたい
・15年度には一次、二次電池合わせて同2400万個

現時点での計画では、売上20億円規模

しかし、もしクレジットカード全てにこれが搭載された場合…

業績への寄与度は?

日本におけるクレジットカード発行枚数 種類別の推移データ
http://card.benrista.com/hakko-maisu-matome/
・平成23年3月現在で3億2213万枚
・1人あたり約3.2枚

となると世界で大体20億枚は堅いかな?大体クレジットカードの有効期限が平均5年(適当)と考えてみると、年間4億枚は新規(更新含む)発行されていることになります。

16年度計画の16倍なので、凄く甘めに見積もると

20億円 × 16倍 = 320億円

上記の程度売上にインパクトがあることになります。しかし実際には、カードの発行枚数が何枚かであるか裏づけとって無いので上記の数字にそこまでの正確性はないのと、「競合がいない」というありえない前提で、320億円なのでちょっと微妙かなとは思います。

併せて読みたい

パスワード表示用のディスプレイが付いた新型クレジットカードが、ヨーロッパやアメリカで発行開始される模様。FDKが極薄リチウム電池の量産へ!
http://cards.hateblo.jp/entry/new-type-creditcard/

雑感

昨日の夜に日経の記事を確認していて、「朝寄りで無反応だったら入ろう!ヒャッハー!!」って思っていたのですが、朝の気配をみてあきらめました。私の感覚では高すぎるので、INするのは諦めですね。

コメント