【関連銘柄】NEDO「太陽光発電開発戦略(NEDO PV Challenges)」を策定

NEDO関連銘柄

太陽光発電の新たな技術開発指針

2014年9月30日
http://www.nedo.go.jp/news/press/AA5_100318.html

http://www.nedo.go.jp/content/100573590.pdf

概要

P2より
2020年にの発電コスト14円/kWh 実現の見通し
…を「得た」←∑(゚Д゚; )マジッ?

・ヘテロ接合技術(初めて聞いた)
・バックコンタクト技術(初めて聞いた)

究極の低発電コスト(従来火力発電並の発電コスト 7 円/kWh)
…を「目指す」←いつものやつだな…(゚д゚)(。_。)ウンウン

・結晶シリコン太陽電池の性能向上・コスト低減追求
・超高効率太陽電池の量産技術開発
・真空や高温プロセスを要しない新たな太陽電池の実用化

非住宅用システムの発電コスト目標と低減シナリオ

太陽光発電開発戦略

改めて思うけど…∑(゚Д゚; )マジッ?
夢物語じゃないのこれ…?

太陽光発電施工市場への参入企業例 P21より

太陽光発電施工市場への参入

2013 年における発電コスト(参考値)P25より

平成 25 年度調達価格等算定委員会の諸元を参考に NEDO 試算。
・住宅用システム :23.5 円/kWh
(システム単価 38.5 万円/kW(新築住宅導入システム)として算出)
・非住宅用システム :23.1 円/kWh
(システム単価 27.5 万円/kW(1MW 以上システム)として算出)

太陽電池の性能向上(高効率化)技術 P27~28

太陽電池は様々な種類が存在

・結晶シリコン太陽電池(変換効率:~20%)
・薄膜シリコン太陽電池(変換効率:~9%)
・CIS 太陽電池(変換効率:~13%)
・CdTe 太陽電池(変換効率:~14%)

今後の技術開発が期待される太陽電池

・色素増感太陽電池(セル効率:~11%)
・有機系太陽電池(セル効率:~12%)
・有機/無機ハイブリッド型太陽電池(セル効率:~18%)
・Ⅲ−Ⅴ族太陽電池(セル効率:~38%)

・研究レベルでのⅢ−Ⅴ族多接合型太陽電池の効率は 40%(集光時)を超える結果
・集光2軸追尾システムのコスト低減は引き続き実用化に向けた課題

革新的太陽光発電技術研究開発

Ⅲ-Ⅴ族系多接合太陽電池

・4mm 角セルで集光(302 倍)時変換効率 44.4%
・1cm 角セルで非集光時 37.9%(2013 年 4 月時点世界最高)を達成

太陽光発電多用途化実証プロジェクト(高付加価値化) P71

4118 カネカ…熱電ハイブリッド集光システム技術の開発
3105 日清紡…太陽熱・光ハイブリッド太陽電池モジュールの開発
7746 岡本硝子…採光型太陽光発電ユニット

そういえば、岡本硝子も採択されていたなと…

参考記事

太陽光を改善する「21の方法」、長寿命化や熱利用 (2/3)
http://www.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/1407/18/news042_2.html
岡本硝子、エガリムが共同で取り組むのは「採光型太陽光発電ユニットの技術開発」。「ホログラス」と呼ぶ特殊なガラスを使うことが特徴だ。ホログラスは光の回折・反射・屈折に適しており、入射した太陽光を窓ガラス内部で反射させて、窓枠に並べた太陽電池セルに集める。透明に見え、太陽電池は目に入らないにもかかわらず発電可能な窓だ。

株価情報等

(株)カネカ(4118)

株価:613円(2014/09/30 15:00)
前日比-7円(-1.13%)
25日移動平均価格:612円
25日移動平均乖離率:+0.16%
株式時価総額:2145億円

日清紡ホールディングス(株)(3105)

株価:921円(2014/09/30 15:00)
前日比-18円(-1.92%)
25日移動平均価格:947円
25日移動平均乖離率:-2.75%
株式時価総額:1646億円

岡本硝子(株)(7746)

株価:229円(2014/09/30 15:00)
前日比-10円(-4.18%)
25日移動平均価格:218円
25日移動平均乖離率:+5.05%
株式時価総額:36億円

まとめ

・太陽光発電は、もしかしてこれからの技術かもしれない
・つまり、まだ終っていない?
・岡本硝子は、国策銘柄
透明に見え、太陽電池は目に入らないにもかかわらず発電可能な窓って凄くない?
・「発電コスト14円/kWh」が実現の見通し(実用化レベルに近い)
・「発電コスト 7円/kWh」も夢物語ではない

コメント