医学生物学研究所(4557)がエボラ出血熱関連銘柄になるならアイロム(2372)も関連銘柄になるんじゃないのかな?

ニュース総合

医学生物学研究所(4557)がエボラ出血熱関連銘柄の理由

下記の開示の中に

完全ヒト型 抗デングウイルス抗体の治療薬開発について
平成 26 年 9 月 5 日
http://v4.eir-parts.net/v4Contents/View.aspx?cat=tdnet&sid=1179220
さらに、SPYMEG の活用により、エボラ出血熱や他のさまざまな難治療性感染症への応用も期待されます。

つまり、「SPYMEG の活用」で「エボラ出血熱」などの難治療性感染症への応用が可能になるということです。

では、

ヒトフュージョンパートナー細胞(SPYMEG)とは?

ヒトフュージョンパートナーSPYMEG
http://www.mbl.co.jp/r_and_d/spymeg.html

SPYMEGとは。ヒトの血液から単離した抗体産生細胞と「SPYMEG」を融合させ、 高効率かつ安定的に完全ヒト抗体産生細胞(ハイブリドーマ)を取得するための細胞です。
…もっと簡単に言えば、SPYMEGはヒトモノクローナル抗体を単離するための有効なツールということです。

参考:モノクローナル抗体
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A2%E3%83%8E%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%8A%E3%83%AB%E6%8A%97%E4%BD%93
一般的なモノクローナル抗体の作成法
250px-Monoclonals

 

要するに以下の流れかと思います

SPYMEG +融合+ 抗体産生細胞

完全ヒト抗体産生細胞(ハイブリドーマ)を取得

ヒトモノクローナル抗体の単離に成功

大事なキーワードは、「SPYMEG」「ハイブリドーマ」「モノクローナル抗体」です。
上記を踏まえた上で以下を見てみます。

ディナベックと医学生物学研究所

ディナベック株式会社
http://www.kanto.meti.go.jp/seisaku/tokkyo/data/2-4.pdf
ディナベック

画像Ⅰ
画像㈵

(株)医学生物学研究所との提携。
同社において、ベクターを用いてモノクローナル抗体とハイブリドーマを作製し、ユーザーに供給

画像Ⅱ

画像㈼

■(株)医学生物学研究所との提携事業
・センダイミニベクター作製キット、研究用抗体と蛋白質の製造、抗体作製受託など

そうですね。ディナベックは、医学生物学研究所において「モノクローナル抗体とハイブリドーマを作製し、ユーザーに供給」しているんです。

そして、ディナベックは、アイロムの子会社です。
しかし…これを見つけた理由は別にありまして…。エボラ出血熱関連銘柄を探していた訳ではなく、アイロムの値動きがあまりにもおかしいからそれを調べていました。

アイロムの子会社「ディナベック」と大日本住友製薬株式会社が提携

2014 年 9 月 30 日
臨床用 iPS 細胞作製技術の特許実施許諾契約に関するお知らせ
http://www.dnavec.co.jp/press/dspips140930.pdf

アイロム(2372):ここ2日の株価動向

アイロム

9/30日の株価:975円(前日比:+150円)
10/1日の株価:1,035円(前日比:+60円)
10/2日の株価:1,298円(前日比:+263円)
10/3日の株価:1,198円(前日比:-100円)

2日に特に何かが出たわけじゃないです。これは何か入ったなと思っていてディナベックを調べていたんです。

ディナベック:主な提携先
http://www.dnavec.co.jp/jp/company/partners.html
株式会社医学生物学研究所
センダイウイルスベクターを用いて研究用キットおよびモノクローナル抗体の作製等の開発、製造、販売を共同で行っています。

ディナベック:遺伝子ワクチン
http://www.dnavec.co.jp/jp/description/description2.html
感染症用遺伝子ワクチン
エイズ用遺伝子ワクチン
結核用遺伝子ワクチン
インフルエンザ用遺伝子ワクチン
マラリア用遺伝子ワクチン

株価情報等

(株)医学生物学研究所(4557)

株価:611円(2014/10/03)
前日比+100円(+19.57%)
25日移動平均価格:565円
25日移動平均乖離率:+8.14%
株式時価総額:159億円

(株)アイロムホールディングス(2372)

株価:1198円(2014/10/03)
前日比-100円(-7.70%)
25日移動平均価格:820円
25日移動平均乖離率:+46.10%
株式時価総額:122億円

まとめ

・医学生物学研究所(4557)の「SPYMEG」は、ディナベックのベクターを用いてモノクローナル抗体とハイブリドーマを作製していると考えてもいいのではないか?
・そうなると、ディナベックの親会社であるアイロムもエボラ出血熱関連銘柄になる
・それ以前に、ディナベック自体も新興感染症ワクチンの研究を行っている

結局何が言いたいかと言えば…

 

アイロム怪しい(´・ω・`)キリッ

 

参考

モノクローナル抗体
http://kusuri-jouhou.com/immunity/monoclonal.html

コメント