決算発表予定日(2013年6月3日) 注目企業は、電子書籍関連銘柄でもあるイーブックイニシアティブジャパン(3658)

株価指標は、5/31(金)の終値を基準に算出
※特色等は、yahooファイナンスより引用

(株)イーブックイニシアティブジャパン【3658】
小学館出身の鈴木会長が創業。運営サイトにおける電子書籍配信が柱。漫画の作品数は業界随一。
2013-05-31日終値:2738円(前日比:+138円 +5.31%
予想PER:39.48
PBR:6.08
予想配当利回り(%) :無配
サイコロジカルライン(12日):6勝6敗0引き分け
25日移動線乖離率:-13.22%
出来高増加率(前日比):-50.69%
出来高/発行済み株式総数: 1.14%
売買代金:134,319,000円
時価総額:11,935百万円

 

ピジョン(株)【7956】
ほ乳瓶発祥の育児用品トップ。小物に強い。介護用品に展開、託児所運営も。海外は中国に傾斜。
2013-05-31日終値:8180円(前日比:+150円 +1.87%
予想PER:33.75
PBR:3.15
予想配当利回り(%) :1.49
サイコロジカルライン(12日):5勝7敗0引き分け
25日移動線乖離率:+0.76%
出来高増加率(前日比):+104.44%
出来高/発行済み株式総数: 1.81%
売買代金:2,147,483,647円
時価総額:165,854百万円

 

(株)東栄住宅【8875】
首都圏中心に戸建て分譲。平均3000万円台の1次取得者向け強化。11月経営統合で上場廃止。
2013-05-31日終値:1755円(前日比:+11円 +0.63%
予想PER:9.50
PBR:0.92
予想配当利回り(%) :2.28
サイコロジカルライン(12日):5勝7敗0引き分け
25日移動線乖離率:-12.64%
出来高増加率(前日比):+43.89%
出来高/発行済み株式総数: 0.74%
売買代金:354,132,000円
時価総額:47,338百万円

 

※下記は、一覧表
東証 決算発表予定日の一覧より
http://www.tse.or.jp/listing/kessan/

6月3日 3658 イーブックイニシアティブジャパン 1月31日 第1四半期
6月3日 7956 ピジョン 1月31日 第1四半期
6月3日 8875 東栄住宅 1月31日 第1四半期

 

ちょっと、イーブックイニシアティブジャパンが気になったのでもう少し詳細に見てみる
時系列

2013年5月27日 2,550 2,949 2,471 2,738 412,400 2,738
2013年5月20日 3,200 3,275 2,350 2,640 667,400 2,640
2013年5月13日 4,100 4,145 2,535 3,155 1,495,900 3,155
2013年5月6日 3,295 4,100 3,200 3,910 1,498,500 3,910
2013年4月29日 3,200 3,500 3,160 3,250 317,600 3,250
2013年4月22日 3,205 3,520 3,075 3,205 897,300 3,205
2013年4月15日 3,300 3,935 3,000 3,205 2,103,900 3,205
2013年4月8日 2,394 3,300 2,390 3,235 1,766,100 3,235
2013年4月1日 2,140 2,583 1,880 2,418 1,900,300 2,418
2013年3月25日 1,850 2,248 1,760 2,190 1,261,400 2,190
2013年3月18日 1,630 1,855 1,630 1,796 550,400 1,796
2013年3月11日 1,720 1,879 1,550 1,652 1,684,800 1,652
2013年3月4日 1,445 1,780 1,428 1,720 902,000 1,720

結構急騰してるなと・・・
出ている過去ニュースをチェック

5月23日(木)15時44分配信 株式会社フィスコ
「クールジャパン戦略」に関心、関連銘柄への注目度も高まる
http://news.finance.yahoo.co.jp/detail/20130523-00935018-fisf-stocks
安倍首相は「アベノミクス」の第3の矢である成長戦略第2弾の中で、クールジャパン戦略を発表した。具体的には、500億円規模の官民ファンド「クールジャパン推進機構」を創り、企業の海外展開を後押しする方針である。
株式市場でも、クールジャパン関連株への注目度が徐々に高まっている。クールジャパン関連株としてはマンガやアニメ、音楽、映画などのコンテンツ企業が挙げられる。アニメ関連では、角川グループHDや東映アニメなど。また、コミックの電子書籍化が進む中で、同分野に強みを持つイーブックなどにも恩恵は大きいとみられる。その他、音楽コンテンツやモバイル端末向け映像などを提供するエイベックス、大手テレビ局各社、邦画配給を展開する東宝や東映などにも関心が高まりそうだ。

 

フィスコ銘柄分析:電子書籍事業の好調による成長期待を追い風に上値追いへ
http://news.finance.yahoo.co.jp/detail/20130513-00930022-fisf-stocks.vip
5月13日(月)11時37分配信 フィスコ
■分析銘柄:イーブックイニシアティブジャパン ■電子書籍市場で拡大が続くコミックに強み 電子書籍販売サイト「eBookJapan」を運営し、電子書籍の販売事業を展開する。1月末時点では、コミックが約6万4000点、総合図書が約1万800

 

イーブック—電子書籍で圧倒的な品揃え、市場拡大を追い風に成長継続へ
4月10日(水)9時19分配信 フィスコ
http://news.finance.yahoo.co.jp/detail/20130410-00935004-fisf-stocks
イーブックイニシアティブジャパンは、電子書籍販売サイト「eBookJapan」を運営し、電子書籍の販売事業を展開する。1月末時点では、コミックが約6万4000点、総合図書が約1万8000点など、合計約8万4000点の作品を揃えている。

 

楽天は電子書籍事業の拡大目標を公開、コンテンツ企業など恩恵は大きい
4月5日(金)15時22分配信 フィスコ
http://news.finance.yahoo.co.jp/detail/20130405-00935019-fisf-stocks
楽天は4日に電子書籍の出版社向け説明会を開催し、コンテンツの拡充によって国内での電子書籍販売事業で2016年までに500億円の売り上げを目指す方針を示した。夏までに、書籍販売上位1000作品のうち8割を電子化する見込みだ。また、東芝は独自の書籍配信サービス開始し、専用端末の投入を発表している。
米アマゾンの「キンドル」の投入、アップルが電子書籍販売サービス「iBookstore(アイブックストア)」を開始するなど、海外勢も国内の電子書籍市場に相次ぎ参入し盛り上がりを見せてきた。とりわけ、電子書籍端末が出揃う中で、コンテンツ企業には恩恵が大きいとみられる。例えば、コミックに強みを持つイーブックのほか、パピレスなど、関連企業の業績は右肩上がりが続いている。電子書籍市場はまだ立ち上がり段階とみられ、関連銘柄には中長期的な市場拡大期待が追い風となろう。

 

そろそろ電子書籍関連銘柄きてもいいと思っている。

監視中です。

コメント